茶と器学

自らの手で「茶器」をつくり、お茶を摘み、掛川流スローな茶学を学ぶ。ライフスタイルの中に本物を取り入れた美しい毎日の創造を、陶芸家、茶学の専門家とともに体感する講座です。

・開催月と回数 6月〜11月(全6回)
・開催予定日 6/25、7/2、7/9、9/24、10/15、11/26
・定員(最小催行人員) 20名(12名) 
・NPO会員受講料36,000円  NPO非会員受講料39,000円
・備考  各回により開始・終了時間が異なります。
     茶学1回・陶芸2回・茶摘みと釜炒り1回・茶会1回
フェスティバル参加費込み
・講師
  竹廣泰介(たけひろ たいすけ)氏
   掛川市の古民家に工房を持つ陶芸家。
   個展/東京松屋銀座・青山酉福・鎌倉円覚寺・京都桃青
      大阪堂島・広島そごう 等多数 (掛川市在住)
  小泊重洋(こどまり しげひろ)氏
   元お茶の郷博物館館長・日本茶インストラクター協会理事
   茶学の会主宰(掛川市在住)
  大塚博史(おおつか ひろし)氏
   茶業家(掛川市在住)
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/17 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16677379
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。