6/2小松正明氏講演会の様子

DSC00007.JPGDSC01511.JPG

6月2日、掛川市元助役 小松正明さんの講演会が行われました。当日は、カレッジ生以外の方にも多数聴講していただき、参加者数は90名以上に!ありがとうございました。
さて、お久しぶりの小松さんからは、「とにかく進んで何でも体験し、人に会い、話しを聞き、相談にのる“掛川流現場主義”の姿勢は、新たな赴任地でも貫いている」と、うれしい報告。
できない言い訳をつくらず、勇気と楽観で“なだれ込んでみる”。それが、「この人に会って自分の人生は変わった」と思えるような運命的な出会いの連続を生み出す、とのお話は、まさに小松さんとの出会いを大切に思い、会場に足を運ばれた皆さんにも、共感できるところだったのではないでしょうか。
会場からの質問を受けて、「テーマに集い、できることを繰り返しやっている事例」として挙げられた『スローライフ月間』。その発展形として『ライフスタイルデザインカレッジ』を開講した我々スタッフにとっても、「地道なことの繰り返しからしか地域は活性化しない」との小松さんの言葉と、この会場をいっぱいにしてくださった皆さんの姿に勇気づけられた講演会となりました。
DSC01521.JPGDSC01523.JPGDSC01524.JPG
皆さんのご感想、ご意見もお待ちしています。コメント欄へ、ぜひ。

なお、今月より『セッション』がはじまります。セッションは定員制ですので事前申し込みをお願いします。
第1回は、アクティビティプログラム フライフィッシング講師、川野信之さんのトーク「私の価値観を変えたフライフィッシングとはどんな”遊び”か?」です。下記にアクセスして、事前申し込みを行ってください。あわせて7月セッションの申し込み受付も行っています。(定員になり次第、締め切らせていただきます。ご了承ください)

http://ldc2006.seesaa.net/category/1400995-1.html
posted by スローライフ掛川 at 2006/06/04 22:11 | Comment(2) | TrackBack(1) | ベーシックプログラム>講義型フォーラム
この記事へのコメント
小松さんの講演 とてもよかったです!
現役時代とはちょっと違い、(良い意味で)肩の荷が下りた立場から掛川を観直した そんな感じのお話しも聞くことができて、出席して良かったな〜って思いました。

来年も来てくれるのかなぁ・・小松さんもポロって言っちゃったし(^^; 
是非次回は家族で来らしていただきたいです

またね〜
Posted by 茶農家の高安 at 2006年06月05日 00:47
・大人の社会人として振舞う→そんな一人一人の振る舞いがよい社会を創る。
・大事なことは言い続ける!
・知らない道を選択する
・知らないより知っていた方がいい
・人生の時間に限りがあることを意識する
・お金がないと・・
 あれもできない、これもできない→×
 これならできる、あるもの探し、足るを知る→○
・ちょっとした勇気−バカになる勇気
・おもてなしの心−本当に相手の気持ちになる
・心の垣根を下げる−妬み、嫉妬、恨み、をなくそう!
・しょぼくれないでいこう!
聞いていて、なんだか気持ちが豊に穏やかになるような、そんな心に響く言葉がちりばめられていました。まさに美しい毎日を創造するにつながる、マインドの高まるフォーラムでした。
ありがとうございました。
Posted by 岳人S at 2006年06月05日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

懇親会が始まる
Excerpt:  小松氏の講演が終わって懇親会。 講演会に参加した方のほとんどが参加しているようで、大人数。 久しぶりに会った同級生やら、ブログで知り合ったthe_3th_stageさん、もちろんスタッフのonima..
Weblog: 「深」のめも
Tracked: 2006-06-05 09:26

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。