第2回オーガニックファーミングの様子

第2回は畑作り!
DSC02098.JPG

前回、一部堆肥入れを行なった、我らの『風と土の谷農園』。
あの後、8月の上旬に平野校長と農援隊・スタッフで前面に堆肥を入れて、軽く土を起してもらっていました。

さてさて第2回目の今回は、農園にみんなで移動した後、
まずは講師の平野さんより、これから本格的に農作業に取り掛かるにあたってのお話しをいただきました。

DSC02101.JPGDSC02103.JPGDSC02104.JPG

農園の周りにある植物、昆虫などの注意点からトラクターの説明、用途など自然が相手の農業だけに、気をつけなければならないこと、覚えておかなければならないことは沢山あるのですね。
そしてお話しの後は、イザ実践。
種を植えるため、畑を今の状態から、トラクターを使ってさらにフカフカした状態まで耕していきます。

DSC02133.JPGDSC02138.JPGDSC02139.JPG

受講生のみなさんは、農援隊のT川さんよりレクチャーを受けながら、一人ずつ交替でトラクターを運転。ほとんどの方が初体験だったでしょう。
で、これがなかなか難しい。普通の自動車と勝手が違い、なかなか真っ直ぐには進んでくれません!

DSC02120.JPGDSC02115.JPGDSC02123.JPG
DSC02108.JPGDSC02113.JPGno-title

特にバックするときは、やたらハンドルが切れすぎてしまい、うねうね蛇行
しちゃうんですね。
でもこれも、良い経験。トラクターを使うこと、自分達で畑作りの段階から作業することで、その大変さや土地への愛着もわいてきます。
受講生のみんながトラクター操作で悪戦苦闘している間に、平野さんは、土地の測量を行ない、それぞれの、土地の割り振りを計算しています。

DSC02143.JPG DSC02127.JPG DSC02146.JPG DSC02142.JPG 

 
 厳しい暑さの中での作業に、体力を消耗しますが、お昼はスタッフのY村さんが自慢のダッジオーブンを使い、すいとん鍋を振舞ってくれました。
DSC02117.JPG DSC02137.JPG

素朴な味ながら、講座の雰囲気ともよくマッチしていて、とてもおいしくいただけました。Y村さんどうもありがとうございました。

また、15:00のおやつタイム!?には、何やらあやしい車に2人の男性が・・
なんと、スペシャルスタッフのO澤さん、M茂さんが、氷・かき氷器を持って様子を見にきてくれたのです。
炎天下での農作業。疲れているみんなに、かき氷を振舞ってくれたのです。ありがたやぁ〜。

これ以上ないというほど気の利いた差し入れ、かきたてのイチゴミルクで一気にクールダウン。まさに生き返ったという感じ。
お陰さまで時間延長して、もう一作業がんばれました。お二人様どうもありがとうございました。

DSC02151.JPGDSC02158.JPGDSC02155.JPG

ってなわけで、『風と土の谷農園』は楽しく順調に畑作りが進み、次回はいよいよ作付け作業へと移っていきます。

DSC02126.JPG       DSC02162.JPG
  自分の手で土に触れ、耕し、種を植え、育てる大変さの中にある楽しさ、仲間と共に土にまみれる楽しさ・・
受講生の皆さんは、いかがお感じでしょうか?
この記事へのコメント
いや〜たのし〜!!
半分スタッフで初めて参加しましたが、まず『風と土の谷農園』に感激です。山の上から見ても、下から見上げても実に空と緑と土の力強さを感じる農園ですね。疲れてゴロンとすれば空の広さに力が湧いてきました。
トラクターに乗る男も女もみんないかしてました。

Posted by 8 at 2006年08月23日 12:05
いや〜暑かった〜!!
ほんとに、熱中症になるかと思いましたよ。全身から汗が噴き出て、あやうくミイラになるところでした。水分補給はこまめにしないとね。

草っ原だったところが、2回の耕運でいよいよ畑らしくなってきて、次回の作付けも楽しみです。

今回は、某地区の納涼祭でのそば打ちを頼まれていたので、お先に失礼させていただきましたけど。いや〜、ホントに後ろ髪を引かれる思いでした。

えっ?「引かれるほど毛がないじゃん」って?
誰です?そんなこと言ってる人は!!
Posted by T川 at 2006年08月25日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。