第3回オーガニックファーミングの様子

2週続けての講座となりました第3回は、
前日の天気予報では、小雨の降る予報となっていましたが、
当日はまったくそんな心配が要らぬほど良い天気に
恵まれました。ここまで3回ともいい天気に恵まれていますが、
自称晴れ女の受講生、K原さんのお力か、はたまたNPO代表の
I村さんの晴れ男ぶりが発揮されたのか・・
定かではありませんが、ともあれ今回も気持ちの良い青空の下、
農作業に汗を流すことができました。

さて、まずは前回トラクターでフカフカに耕した畑を区割りして、
ジャガイモを植えるための「うね」を作ります。
が、その前にこの「うね」を真っ直ぐ作るための線引き作業から始めます。
畑の両端に竹の杭を刺し、糸を張って、そこに石灰で線を引くのですが、
炎天下で行なうだけに、しょっぱなの作業から汗びっしょりになります。

DSC02180.JPGDSC02190.JPGDSC02193.JPG

線を引いた後は、線に沿って種いもを植えるための溝をクワを使って
掘り進めていきます。単純に見える作業も、照りつける陽射しの中、
慣れないクワの扱いなど、ふかふかの畑の上ではなかなかしんどいものです。朝の挨拶の時、講師の平野さんが
「今日は一番ハードな作業になりますよ。」
とおしゃった意味がよくわかってきます。

DSC02248.JPGDSC02212.JPGDSC02195.JPG

続いてジャガイモの『種いも』を植えていく作業です。
「ジャガイモにも裏表があるんですよ。」
「へぇ〜」

DSC02222.JPG
「ジャガイモに快適な住まいを作ってあげるんですよ。」
「なるほど〜」
平野さんの指導する言葉にいちいち唸りました。
ジャガイモに振りかからないように、有機肥料を間にまいた後、
やさしく土を被せます。

DSC02260.JPGDSC02224.JPGDSC02228.JPG
DSC02259.JPGDSC02242.JPG

ジャガイモを植え終えた後に、待ちに待ったお昼。
農作業をした後の食事は、まるで体にしみ込むように疲れた体に
エネルギーがいきわたりますね。おまけに今回は、
「旬を味わう」ということでスイカ割りのオマケ付き。
みんなで、子供のように種を飛ばしあって盛り上がりました。

午後は植えたジャガイモの「うね」作りと、ニンジンの植え付け、
さらに受講生各自の畑にそれぞれお好みのものを植えていきました。

DSC02261.JPGDSC02264.JPGDSC02267.JPG

植えるニンジンの種は幅1o長さ5mmほどで、この小さな種が大きく
成長していくことを考えると、えらい感心してしまいます。
そういえば、食べものがどういう過程を経て自分の口に届くのかなんて
全然知らないよなぁ・・
なんて、あたりまえのことに、新鮮な驚きを感じてしまいました。

そしてジャガイモ、ニンジンそれぞれを無事植え終えた後、
受講生それぞれの畑に、平野さんがぶった切った竹で看板を作りました。
DSC02280.JPGDSC02277.JPGDSC02276.JPG
DSC02275.JPGDSC02272.JPG
DSC02270.JPGDSC02271.JPGDSC02273.JPG
DSC02254.JPG

さてさて、この先「風と土の谷農園」がどんな姿にかわっていくのか、
皆さんの頑張り次第!?ですね。
がんばりましょう!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。