8/26 工藤裕子氏講演会の様子

DSC00045.JPGDSC00046.JPG

ベーシックプログラム・フォーラム8月の講師は、中央大学教授の工藤裕子さん。フォーラム当日は、アクティビティプログラムの「オーガニックファーミング」、NPO法人スローライフ掛川の定期総会が重なり、会場には、何となく地に足の着かない雰囲気が漂っていました。

が! 講演冒頭に紹介された『あなたのスローライフ度テスト』で、すぐに気持ちがピリリッ。いや〜、毎日のちょっとした行動にもスローライフ度って現れちゃうんですね。自分の固定観念にとらわれてはダメ。でも、こだわりがないのはもっとダメ。まずは、自分にも人にも、モノにもコトにも興味をもって、いろいろな角度から見てみる、考えてみることが、自分のスタイルをデザインすることに大事なことだと感じました。工藤さんが言うところの「錯覚の誤解」を解く努力、すぐにでもできることが結構たくさんありそうです。

参加されたみなさん、テストの結果はいかがでしたか?お休みしたけれど「私もやってみたい!」という方は、事務局までご連絡を。

さてさて、その後も繰り出される工藤さんのマシンガントーク。イタリアの「スローフード」、「アグリツーリズム」を、“スロー”“ローカル”“スタイル”をキーワードに解説していただきました。1時間45分、よどみなく展開された工藤さんのお話を聞き終わる頃には、自分なりにわかっているつもりでも、人に説明できるほどではなかったスローライフが、ピターッと自分に寄り添った感覚になりました。
イタリアの「カンパニリズモ」は、郷土心、郷土愛といった意味あいで、教会の鐘が聞こえる範囲に通ずるアイデンティティみたいなものだそうです。掛川だったらさしずめお城が見える範囲って感じでしょうか?
地域の中で、何が自分の意識を変え、感性を磨く資源となるのか。その意識や価値観を共有できる人は誰なのか。イタリアに負けず劣らず、掛川、自分の周りにも多くの資源や人が思い浮かびます。
おおっ!? いいじゃん掛川!

カレッジ後半も、さらなる地域資源の発見、人との交流につながる内容が目白押しです。お楽しみに〜。

posted by スローライフ掛川 at 2006/09/01 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>講義型フォーラム
この記事へのコメント
久しぶりです。ひょんなことから工藤さんの記事見つけました。
難しそうな話ですが、2007年も遠州にいらっしゃるなら連絡ください。PS風のうわさで、国土交通省のお仕事されてたんですか?昨年まで自分も関係してたのに。
Posted by 神谷 誠 at 2007年03月26日 23:49
神谷様
2007年度も工藤先生のフォーラムが掛川で行われます。お近くでしたら、ぜひカレッジにご入校頂ければ幸いです。フォーラムのみ参加の「ベーシックプログラム」など、多彩なプログラムを用意しております。一度、連絡事務所までご住所等お知らせ下さい。追って資料を郵送させて頂きます。

メールアドレス project@slowlife.info
Posted by 事務局K at 2007年03月30日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。