第5回 サイクリングの様子

心配していた前夜に降った雨のおかげで、
サイクリング当日はクリアな晴天に恵まれました。

今回は「輪行サイクリング」ということで、タイヤを
外し、自転車を専用の袋に入れて、島田まで電車で
移動しました。
初めての「輪行」作業はなかなか手こずります。走る前から
もう汗びっしょり。悪戦苦闘しながらも、皆さんなんとか袋に収納し
出発準備の完了です。

DSC00209.JPGDSC00210.JPGDSC00211.JPG

無事袋入れられたのはよいものの、肩にかついで改札を
とおり階段のある駅のホームを移動するのはなかなか大変。

心優しいサイクリング部隊の男性陣は、今回半数を占める女性陣の
自転車を運んであげたり、あれやこれやと、手伝っている姿がとても
印象的でした。講座も最終回を迎え、すっかり仲間意識も深まりましたね。
和やかなムードの中、電車に乗り込みました。

DSC00213.JPG  DSC00214.JPG

無事島田駅へと到着したら、今度は袋から自転車を
取り出し、タイヤをはめて、出走の準備です。
通り掛かりのおばさんに、
「これ自転車なの?」
「なに、女性もいるの?」
「ふぇ〜」
と感心されます。
こうした自転車の輪行や、スポーツ自転車でのサイクリングが、
もっと普通にとらえられるようになるとよいですよね。

さて、順調に島田駅を出発し、まずは大井川沿いの河川敷
リバティマラソンコースを進みます。大井川の流れと、きれいに
整えられた河川敷の緑が目に鮮やかです。
天気は透き通るような青空、気持ちのよい秋晴れに気分も躍ります。

DSC00217.JPGDSC00218.JPGDSC00219.JPG

程なく大井川を横断し、お昼ごはんを人で賑わう新金谷駅にて買い込
みました。この後金谷の街並みを抜け、試練の激坂!?を登ります。

DSC00220.JPG  DSC00222.JPG

苦しい登り道でしたが、景色はぐんぐん開けます。そして坂を上りきった
牧の原公園にて昼食をとりました。

DSC00224.JPG

眺めよく、こじんまりとした公園での
のんびりランチ。眼下には大井川と金谷・島田の街並みと、蒸気をあげ、
汽笛を鳴らすSL列車を眺めながらのランチです。

DSC00226.JPG  DSC00227.JPG

気分は穏やかに、また会話も自然と弾み、豊かなひと時を愉しみ
ました。

お腹もいっぱいになり、あまりの気持ちよさに根を張ってしまう・・・前に
午後の部のスタートです。
午後は広大な茶畑の広がる道を進みます。

DSC00230.JPG

この地域に住んでいながら知らなかったこの道、とにかく最高でした。

どんなに最高だったか知りたい方、是非一緒に走りましょう。
あまりの素晴らしさに唸りますよ。本当に。

DSC00231.JPG  DSC00232.JPG

そして、この快適&眺望抜群の茶畑滑走路を進んでいくと、
いつの間にか掛川市内に入っていました。
まだ14:00前だというのに大分傾いた陽射しと、
風に揺れるススキの穂が、またなんともいえない雰囲気です。

DSC00235.JPG 

気がつけば遠くに見えていた粟が岳も眼前に迫り、
山肌に刻まれた「茶」の文字も一層大きく見えてきます。
そしてここから先、東山〜日坂までは爽快な下りが続きます。
郷愁を誘うような、なんだかとても心地のよい風景が続きました。

DSC00237.JPG  DSC00238.JPG

この後、事任八幡宮に訪れ、クスの巨木・鎮守の森で一服し、
逆側沿いの美しい里の風景を眺めながらポタリング。

最後は逆川沿いを進み、大勢の人で賑わう掛川城下・「こだわりっぱ」で、
観光客に混じりながらソフトクリームに舌鼓。疲れた体に冷たい
甘さがしみわたりました。

DSC00239.JPG   DSC00240.JPG

輪行して電車での移動、大井川沿いを走り、金谷の街並み、
高台に広がる茶畑、掛川東部の山間集落、そして掛川のお城までを
味わった変化に富んだサイクリングでした。
受講生の皆さんも、サイクリングの楽しさ気持ちよさを
120%感じることができたのでは?
posted by スローライフ掛川 at 2006/10/30 12:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング
この記事へのコメント
みなさん、お疲れさまでした。
牧の原の坂で、「意識朦朧」この言葉を、
初めて体感致しました・・・。
これしっか処のジェラート、ほんと美味しかった
です!!最高!!
Posted by へなちょこ大王 at 2006年10月30日 21:21
初輪行、楽しかったー
天気も良くて気持ちよかったー
初めて走る道に感動しっぱなし。近くにあんな素晴らしい道があったなんて
次は「しまなみ海道」で食べ走り(!?)の旅を楽しもう〜
Posted by ねぼすけ at 2006年11月05日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。