第7回セッション「フランス車が生活を変える」

ベーシックプログラム 1月のセッションは「フランス車が生活を変える」。
何故フランスなのか…それを知りたくなる講座が行なわれました。

28日(日)午前10時 エコパにフランス車が続々と集まりました。
目を引くのは、あきらかに古いと分かる赤い大きなバンと馬車のような車、そのオーナーが今回の講師・中村樹(なかむらいつき)さんです。
参加者は「何だぁ〜?」と触ってみる・写真を撮る・覗き込んで乗ってみる…それでやっと落ち着いて話しを聞く気になりました。
DSC03152.JPG

座学は、スタジアム内の研修室で。
フランス車の歴史・日本での歴史が語られた後、フランス人の自動車観が「生活を豊にする道具」であり日本では「財産」と観る違いが語られました。ここは、大きなポイントです。
確かに日本では、「いつかはクラウン」と言う言葉が有ったように高級車に憧れ、背伸びをして車を選ぶ、ローンで購入し生活を圧迫する、ピカピカに磨いて走る見せ物になっています。

2007_01280016.JPGDSC00061.JPG

座学の後半では、「スローライフ的見地からの自動車観」が語られました。
私は自分の言葉に置き換えて、身の丈に有った車選びとは…、足るを知る便利さとは…、「お手入れする」愛着心…、と感じました。フランスではマニュアル車が根強い人気だそうで、マニュアル世代の私にはその楽しさが良く分かります。そして、もうひとつ共感した事は、車の顔つき!(フロントマスク)です。バックミラーで迫ってくる車を見ると”ガウガウ”吠えていそうな日本車が最近気になります。もっと穏やかな顔で譲り合う車社会を。

座学の後は試乗です。
今回集まったフランス車は全部で9台です。
プジョー307SW、ルノー・メガーヌ、シトロエン・エグザンティア、2cv・Hトラック・・・

DSC03166.JPG2007_01280035.JPGDSC00085.JPG

DSC03164.JPGDSC03167.JPGDSC00074.JPG

オーナーさんからそれぞれの特徴と、なぜその車種を選んだのかが語られました。参加者は、興味のある車を運転したり後部座席でくつろいだり…なるほど!フランス車ね!と感じることが出来ました。

2007_01280026.JPG

posted by スローライフ掛川 at 2007/01/29 18:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | ベーシックプログラム>参加型セッション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

'94 XANTIA P&AエアロXantas
Excerpt: この値段でフランス車のシートの良さと走りが味わえるなら安いしお薦めだと思います。・・エグサンティアにETC取り付け・昨日の出来事・新たな問題が・第7回セッション「フランス車が生活を変える」・ついに車検..
Weblog: シトロエンをあなたに捧げます
Tracked: 2007-08-25 11:11

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。