第6回 カヤッキング講座:秋の気田川

10月29日(日) 晴!
昨日の雨がウソのように、朝からきれいな青空。カヤック日和です。
今回がカヤッキング講座の最終回。
5月に下った気田川を再び下ります。春とは違う空気を感じることが出来るでしょうか?楽しみです。

DSC09808.JPGDSC09795.JPG



今回のツアーは受講生の他に、東海大学の学生さん、サポート隊としてタパさんのカヤック仲間の方々との気田川下りです。30艇くらいでの川下りは、迫力があります。

DSC09807.JPG

日差しは強いけれど、水温は低めで「沈すると冷たそうだなぁ〜」と思いながら 11時頃、秋葉神社下社前を出発です。
5月の時と比べて水量は少なく、「そう言えば 今年は台風があまりこなかったなぁ」などと考えていると、カヤックの船底を石や岩がこすります。想定外の揺れに突然おそわれ、ビックリしながら下っていきました。
春、新緑がきれいだったカヤックからの眺めは、少しずつ色づいている秋の気配に変わっています。

DSC09798.JPG

水量が少ないため、カヤックが通れる場所が限られていたり、カーブしている場所では流れが急に速くなったりして、どうしてもカヤック同士でぶつかってしまいます。
「ぶつかる〜〜〜」と思った時にはぶつかって「沈」していました。すぐに学生さんやサポート隊に助けられ、ひと安心です。
今回は、途中で昼食のため“お弁当”を積んでいたのですが、「沈」するとお弁当の心配もしなくっちゃいけません!大丈夫「セーフ」でしたよ。

DSC09801.JPGDSC09802.JPG

前回のゴール地点が、昼食場所です。1時。お腹すいたよ〜〜〜。
タパさんが、温かい紅茶を用意してくださり、ホッとしました。
5月の時には、やっとたどり着いたゴールでしたが、今回はチョット余裕があった感じ!カヤックにも慣れてきているのかな?

DSC09823.JPGDSC09829.JPG

さぁ、後半の出発です。
タパさんや古川さんが、ポイントポイントで川の様子や注意点を話してくださるのが「さすが、川を知り尽くしているなぁ!」って感じです。波が立っているところは、岩があるのかな?って考えることができましたよ。
でも川って、うねっているところもあるんですよね。水面は静かに見えるのに、そこにカヤックで近づくと思いの外、パランスを崩しました。「おっと 危ない!」
後半は、鮎釣りをしている人の横も通りました。釣り人のジャマにならないようにコース取りして「すみませ〜〜ん」なんて声をかけたりしながら進んでいきます。
気田川という同じグランドにいながら、違う方法で「川」を楽しんでいる人の姿を間近に感じることが出来ました。カヤックを上手にコントロール出来ないので「ジャマにならないように!」がかなり難しいんですけどね・・・・

DSC09830.JPGDSC09831.JPG

釣り人が増えてきた地点がゴールでした。
「もうチョット やりたいな!」と感じるほどの楽しい時間を過ごすことが出来ました。
まだ3時前だというのに、陽の傾き方が夕暮れを連想させるほどで、やっぱり「秋」です。

DSC09840.JPG

講師のタパさん・古川さん。サポート隊のみなさまに支えられて無事、今年のカヤッキング講座を終了することが出来ました。感謝です。
講座の期間中、大きな事故やケガがなかったことも感謝です。

カヤッキングをやってみて、大自然あいての怖さは消えることはありませんでしたが、同時に癒されていたのも事実です。非日常的な空間が、おもしろかったです。来年はこの空間を、「あなた」が体験してみてください。
posted by スローライフ掛川 at 2006/11/02 15:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第6回カヤッキングのご案内

第6回 『“春”とは違う風景を “秋の気田川”でみつけよう』

■日 時:平成18年10月29日(日) am9:00集合

■集合場所:秋葉神社下社河川敷   5月の時と同じ
 http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E137.53.0.071N34.56.57.54&MT

■内 容:春は約6qでしたが 今回は約13q下ります
      途中で昼食をとりながら 15:00頃まで川下りを
      楽しみます
      今回は乗るカヤックを指定してください
       ・安定性のよい ファンカヤック
       ・機動性のある リバーカヤック

■持ち物:お弁当・飲み物(ご自分が乗るカヤックに積んでいきます
     ぬれない工夫を!)

■服 装:タパさんが ウエットスーツをレンタル(¥500)して
     くださるそうです
     希望の方は 身長・体重をお知らせ下さい

■親睦会について
  計画していた「春野福祉センター」が17:00までなので(
  ホームページには21:00って書いてあったのに・・・)
  掛川市街で会場を探しています 追ってご連絡します
posted by スローライフ掛川 at 2006/10/19 19:54 | Comment(1) | TrackBack(1) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第5回 カヤッキングの様子

第5回 『 海でカヤッキング! 』 ――沼津 西浦

9月3日(日) 晴・はれ・ハレ
今回はタパさんのホームグラウンド、沼津西浦でのカヤッキングです。
朝7:30に掛川市役所駐車場に集合し、乗り合わせて出発!
参加者が4名(スタッフを含めて)だったのですが、講座も今回で5回目と言うこともありとても和やかな2時間の道中でした。

沼津ICを降り沼津市街を抜けて、海岸線を気持ちよく走って目的地へ!
タパさんとの待ち合わせ場所に着くと、駿河湾の向こうに富士山が・・・・
気持ちの良い場所でカヤックが出来るなんて、すんごく幸せ!

★防水タイプのカメラを持ち合わせていなかったので、今回は映像がありません★

4名の参加者だったので、全員がシーカヤックに乗ることになりました。
「んん!前回のリベンジ?? シーカヤックを楽しめるかなぁ?」
タパさんのカヤック仲間の市川さん・富永さん・藤原さんも、いっしょにツアーしてくれました。
初心者4名にベテラン4名の、すごい贅沢なツアーです。
おかげで安心してシーカヤックに乗れましたよ。
穏やかな海!透明度の高い場所で、富士山を見ながらのカヤッキングなんて贅沢!!

「今は穏やかだけど、台風12号もあるし、こういう日の午後は波も出たりするよ」とベテランならではの発言。
「そうなんだぁ〜。でも、前回みたいなことにはならないよね」と 自分で言い聞かせてりして・・・・

「今日は、この海岸沿いに6〜7q行ってみましょう」とタパさん。
11:00前 西浦足保をいざ出発!

2ヶ月ぶりのカヤックでパドルの動かし方や、姿勢も思い出しながら、のんびり出発です。
広い海!聞こえるのはパドルが海に接する音や、風の音。
浅いところはカヤックの上から海の底が見えるほどの、透明度。
養殖いかだがあったり、船舶でつりを楽しんでいたり、
遠くでは、水上スキーや水上バイクを楽しんでいる人たちが見えたり・・・
今回は景色を楽しむ余裕もありました。

折り返し地点、西浦江梨の海岸に上陸し休憩です。
シュノーケルで海中を散策する方も・・・
残念ながら魚の姿は・・・・
休憩地には、山から水が流れ込んでいる場所があり、その水が想像を超えて冷たくてビックリ!
水が流れているところには、クレソンが自生していました。
ちょっとカジッて「わさびじゃん!これ!」
そう、クレソンは西洋わさびです。。

さぁ、出発地点にもどるぞぉ。
ベテランの予言通り、なんだか風も出てきたし海もうねってきました。
「無事帰れるよね」とやっぱり自分に言い聞かせ、頭の中では『沈脱』のシュミレーションを・・・・・

途中、海岸の岩場に“カワセミ”を見つけました。
“カワセミ”が海で魚を捕まえた。えっ? 川の魚を食べるんだよねぇ。
ショッぱくないのかねぇ! なんて・・・・笑っていたら、風がますます強くなってきました。
一生懸命パドルを動かして腕が疲れてきたよぉ。まだ遠いかなぁ?
なんだか無言になってきました。
最後はほとんど気合いだけで漕いでいたかも・・・・

無事、出発地点の西浦足保に戻ってきました。
カヤック本体や用具を片づけたり、着替えたりしてツアーは終了です。
「映像」として残らなかったツアーでしたが、「記憶」としてはバッチリ残ったよ。

タパさんに「ひもの屋」を案内してもらい「アジの干物」をゲットしたり、
タパさんの友だちの「ラーメン屋」を営業時間外に開けていただきランチをいただいて、カヤッキング講座 沼津西浦編の遠征を満喫しました。

背の低い女性2人がスタッフのため、カヤックの積み降ろしでは全く役に立たないスタッフですが、積極的に手伝ってくださる受講生のみなさんに、毎回助けられています。
ホントありがたいです。感謝!これからも、よろしくお願いしますね。

次回は 10月29日(日) 川でのカヤッキング講座です。
カヤックに乗れるのは、次回が最後です。楽しみましょうね。


posted by スローライフ掛川 at 2006/09/11 08:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第5回カヤッキングのご案内

第5回 『 海でカヤッキング! 』 ――沼津 西浦

■日 時 :平成18年9月3日(日) 【雨天決行】

http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E138.52.57.382N35.0.58.709&ZM=10
 
■内 容 :西浦 木負でのカヤッキングです
      安定の良い 2人乗りのシットオントップに乗る予定です

 7:30 掛川市役所駐車場へ集合
      現地まで 約2時間 (乗り合いで行きましょう)
 9:30 現地着
10:00 いざ海へ
  ↓
  ↓  (喫茶店「海のステージ」にて ランチ)
  ↓
14:00 解散 
      
■持ち物:おやつ・飲み物は自由です

■昼 食:西浦の喫茶店で 施設借用を兼ねみんなでランチしましょう。
      カレーライス・ピラフ・スパゲティーetc・・
      ソフトドリンク付きで ¥1050

■服装について: 前回までと同様です
         喫茶店「海のステージ」で着替えができます
           
posted by スローライフ掛川 at 2006/08/30 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

カヤッキング講座オプショナルツアーのご案内

【第一弾】 
狩野川カルノイストクリーンリバーミーティング参加者募集中

川下り・カヌー初めての方でも川下りを楽しめます。川下りの途中みんなで川のゴミ回収を行います。6KM・3KMコースを選んでください。南から北へ流れる狩野川は日本でもここだけです。
だから富士山が、正面に見ることができるんです。

■日程 7月22日(土)

■申込み 下記HPからできます。カヤックタパ

    http://www5a.biglobe.ne.jp/~uenohiro/


【第二弾】
掛川ライフスタイルデザインカレッジ オプショナルツアー開催
ちゅら海・まじゅんあっかなや〜!!


沖縄の海を知り尽くした海人(ウミンチュウ)諸喜田氏が主催する世界に誇る沖縄ケラマ諸島
無人島へシーかヤックで行ってキャンプ・・。ボリュウム。味満天の料理と星空を眺めながら白い砂浜・・・ムカラク島 とてもとても小さな島です。
10月3連休になり飛行機が、混むかもしれません。でも無人島は、誰もいないはず
諸喜田ことショッキーとタパさんがご案内いたします。

■日程  10月6日(金)〜10月9日(月)

■参加費 ¥118,000   
(現地ガイド・キャンプ中の食事・往復航空券(東京・那覇間)
 ・フェリー往復・那覇1泊
  ケラマキャンプ中保険)ケラマキャンプ以外の旅行保険は、
  各自でお入りください。
 ※このツアーは、現地泊港集合、泊港解散のツアーになります。

■最低催行人数 4名

※詳細はカレッジ講師タパさん(上野さん)へ直接お願いします。

 〒410-0835  カヤックタパ
 静岡県沼津市西島町3-39
 T/F 055-933-1337
 e-mail h-ueno@msa.biglobe.ne.jp
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~uenohiro/
posted by スローライフ掛川 at 2006/07/11 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第4回カヤッキングの様子

7月2日(日) うぅぅ〜〜ん 曇り。 強風のち暴風
カヤッキング 4回目の講座は、海でのカヤック体験。
御前崎ビーチの隣、マリンスポーツを楽しむための東湾で開催です。
朝から怪しい空模様の中、受講生たちが集まってきました。

DSCF8577.JPG

カヤックに乗るための準備は、だいぶ心得た感じ!
今日で4回目ということもあり、和やかに会話を楽しみながら各自でストレッチをして準備万端です。
タパさんがみんなの気持ちを引き締めます。
「今日は風が陸から海へ向かって吹いているので、簡単に流されてしまいます。なるべく、沖の方に行かないように。波消しブロックの近くは、特に危険ですからねー」

今回は、今まで乗ったことのあるリバーカヤックの他に、シーカヤックにも挑戦です。長さ5メートルぐらいある、細長いカヤックです。
その形状が何とも言えず美しいよ。
シーカヤックが5艇なので、リーバーカヤックと交代での体験です。

リバーカヤックで各自、思い思いにパドルを動かしカヤックを操っているつもり!の練習。
「は〜〜〜ぃ!リバーカヤックの人 集まってーーーーっ」と言われても、風と波にジャマされて、なかなかそこまでたどり着けず・・・・
やっとの思いで集まって、パドルの使い方のポイントを教わっていると、知らないうちにリバーカヤックの集団で沖に流されていてビックリ!
カヤックの横から波を受けるとひっくり返ってしまったり・・・・

DSCF8586.JPGDSCF8588.JPG

さぁー次はシーカヤック!
川と違って海での遭難は、カヤックと離れてしまっては命の危険があるため、必ず脱出する訓練をします。カヤックに乗っていて、ひっくり返ってしまった、と言う想定です。
タパさんから一通りのレクチャーを受けた後、1人ずつ順番に『沈脱』の体験。
7月とはいえ、とても冷たい海の水。
ひっくり返ったカヤックから見えた御前崎の海は、意外にも透明度があったよ。
レクチャー通り、ひっくり返った後、前屈みになって「私は大丈夫!パニクッてないよー」の合図でカヤックを叩き、スカートの脱衣ベルトを持ってスカートとカヤックを引き離し、腰のあたりのカヤックを押して、お尻から脱出。脱出したらカヤックにしがみつく。レスキューが来るまで、とにかくしがみつく。レスキューがきたら、カヤックの後方へ移動する。レスキューする方が、前方へ。レスキューされる方、する方、息を合わせて前方は上へ。後方は下へカヤックを押し海水を排出。
海水が出たらカヤックに乗り込む。
・・・・・・・・・・・・・ってまぁ こんな感じの訓練です。

それをパドルも流されないように持ちながらやるのよぉ〜##
見ている逆さまになっているのは、たったの1秒か2秒の時間!でも体験するといやに長く感じるんだぞ!

無事、『沈脱』の訓練が終わり、いざシーカヤックへ乗り込みます。
・・・が、天候は・・・・暴風で・・・・・
「シーカヤックはスピードが出て気持ちいいよ」って 前半乗った受講生が言ってましたが、スピードが出ているんだか、流されているんだか???
「風に向かっていると安定するよ」のタパさんの助言で少し救われました。
が、シーカヤックはリバーカヤックのように小回りが利かず、方向転換に悪戦苦闘です。

暴風の中、十分すぎるほど堪能できた『御前崎編』でした。
posted by スローライフ掛川 at 2006/07/04 19:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第4回カヤッキングのご案内

第4回 『 海へ漕ぎだしてみよう 』 ――御前崎マリンパーク 東湾

■日 時 平成18年7月2日(日) 【雨天決行】

AM8:45なぶら館前集合(その後マリンパークヘへ皆で移動します)
〜正午まで(午後からはカヤック体験セッションがあるため)

御前堺ヘ憬鋪宛アクセス地図1.GIF

■内 容
御前崎の東湾で シーカヤックに乗ってみましょう
艇数の関係で シーカヤックとリバーカヤックを交代で体験です。
パドリングの上達を目標にがんばりましょう!
シュノーケリングもやっちゃうかも!
      
■持ち物:おやつ、飲み物は自由です
     シュノーケリング道具持ってる方いましたら、お持ち下さい

■服装について
前回までと同様です。
東湾の隅には、サーフクラブのクラブハウスがあり、
シャワールーム(有料:室内\525、室外\200)
トイレが完備されています。

■不参加の場合は、6月30日(金)までに連絡をお願いします.

posted by スローライフ掛川 at 2006/06/25 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第3回カヤッキングの様子

6月4日(日)晴!
お天気にも恵まれて、第3回のカヤッキング講座 長島ダム湖編が行われました。
8:00に掛川市役所駐車場に集合し、乗り合わせていざ長島ダム湖へ!
途中、昼食用のお弁当をGETしにコンビニへ! 講座前の景気ずけにビールを少々たしなみながらの道中です。
10:15頃無事 長島ダム湖へ到着! おなじみになった講師タパさんこと上野裕晃さんが笑顔で向かえてくれました。

今日は、タパさんのお仲間や東海大学の学生さんたちとのツアーです。
長島ダム周辺の景色をしばし楽しんだ後、カヤックを湖に浮かべるために移動! その場所は国交省の管轄で「進入禁止」のためのチェーンが張ってありました。……むっむ! なんだか特別な場所に来た気分!
カヤックの積み下ろし、パドル、ライフジャケットの確認等は、講座が3回目とあって受講者もだいぶ慣れてきた様子です。
さぁ お弁当をカヤックに積んで湖へ出発!
時折風が吹いて水面が揺れるものの、いたって静かな湖。川下りとは違って、自分でパドルをこがないと前に進みません。でもお弁当を食べるための場所、湖上駅を目指して前進だぁ!

IMG_2938.JPG

長島ダム湖の上には井川線が横切っています。赤い鉄橋の通称「レインボーブリッジ!」この橋を下から見上げるなんて、カヤックならではの眺めです。すごい贅沢だよぉ〜。電車の乗客に向かって、下から手を振るチョットした優越感を感じちゃった。
昼食の場所はその鉄橋途中にある「湖上駅」。カヤックをロープで係留し、草や木の茂る斜面を登るとありました。駅のすぐ横には「レイクサイド・コテージ」。トイレのある休憩場所です。そこは井川線を途中下車して楽しむ方もいるみたい!

IMG_2938.JPG

午後の部開始の前に、線路に横たわって写真撮影。
レインボーブリッジから、もう少し上流まで行くと、立ち枯れた木がダムの水面から何本も出ているとても不思議な空間が出現しました。脇からはダムに流れ込んでいる滝が……。その水はとても冷たく、足が痛くなるほど!
山の上では、何か動くものが……。「サル??」幸運にも見ることのできた受講者も。ここも、カヤックじゃないと行けないポイントだよね。

U-ターンして再びレインボーブリッジをくぐり、今度は昔の井川線が通っていたトンネルの場所へ。声が反響するトンネルでは、こどもに戻ってエコーする自分の声を楽しんだり……。
再びカヤックに乗って下っていくと、鳶が魚を捕まえ食べているのを発見したり、カモシカを見られた運の良い人も。
なんだか、とってもゆったりとした時間が流れ、もっとここにいたい気分にさせてもらえた長島ダム湖ツアーでした。
カヤックを積み込み、パドル等の片づけ、着替えをして車に乗り込むと、なんと16:00!
たっぷり遊んだなぁ〜。
posted by スローライフ掛川 at 2006/06/05 20:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第3回カヤッキングのご案内

第3回 『 ダム湖を探検しよう 』 ――長島ダム湖

第2回が終わったばかりですが、第3回のご案内です。

日 時   平成18年6月4日(日)
集合時間 8:00
集合場所 掛川市役所
     乗り合わせて長島ダム事務所へ向かいます。

内 容
ダム湖に沈んだ旧井川線の線路やトンネル、レインボーブリッジを下から眺め、水面から空に向かって突き出た木々や、山間から流れ込む小さな川をカヤックでのんびり行ってみよう〜。

10:30スタート地点へ
10:45スタート
11:45昼食
12:20出発
12:40レインボウブリッジ下へ
   帰路
14:00解散

※体が濡れても体温を奪われにくい速乾性の素材やウエットスーツ、風をよけるためのナイロン系のカッパ(専用のものでなくても可)をご用意下さい。綿製品は禁物です。
※ 水に濡れてもよいスニーカーなどの靴、バスタオル、日焼け止め、眼鏡バンドなど。
※ お弁当・飲み物
(水にぬれない工夫を!)

●雨天決行です。

posted by スローライフ掛川 at 2006/05/28 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第2回カヤッキングの様子

5月28日(日)、第2回のカヤッキング講座が行われました。朝から雨が降り「川下りは無理かな〜」と思っているところへ、講師タパさんの大声が飛びます。
「川の水位があがってちょうどいい。それに、今日は晴れるぞー!」
ということで、集合場所のアクティ森から気田川まで車で移動。

IMGP0986.jpgIMGP1009.jpg

準備体操のあと、初心者の「ファンカヤックチーム」と「リバーカヤックに乗りたいチーム」に分かれ、基本操作の説明を受けました。その後、水がせき止められている場所での練習。初心者は、思い通りの方向に進むことができず四苦八苦する場面も。

1時間ほどの静水での練習のあと、本流へ歩いて移動。
気をつけるポイントやカヤックがひっくり返ったときの注意点など説明を受けていると、突然雨が。タイミングよく(悪く?)サイレンも鳴り、「大丈夫なあ〜」と不安がる女性スタッフがいるかと思えば、逆にワクワクしている受講者も。
「さあ、みんなで行こう!」
と出発しました。

IMGP1025.jpgIMGP1037.jpg

ゆったりした流れのところでは、川面から眺める景色や移り変わる風景を楽しみました。流れが強くなる前には、どう漕ぎ出すかの説明を受け、なんとか全員休憩ポイントまで行くことができました。
休憩ポイントではお茶とお菓子のサービスがあり、石投げを楽しむ受講者やスタッフも。

IMGP1030.jpg

途中、何人かカヤックがひっくり返るハプニングもありましたが、それぞれに無事、沈脱ができました。空はいつの間にか快晴になり、気持ちのよい天気の中、全員が約4キロの川下りを満喫しました。

posted by スローライフ掛川 at 2006/05/28 11:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第2回カヤッキングのご案内

第2回 『 川下りをしよう。ドリンクを持って 』
              ――春野・気田川

         
日時 平成18年5月28日(日)
内容 川旅の雰囲気を楽しんでみましょう。
 川面から眺める景色、移り変わる風景、のんびり仲間と
 おしゃべりしながら、瀬が近づいたらパドルを握り締め、
 ポイントを見つけては流れの中でカヤックの操作の仕方も
 学んでいきます。
 
10:30 ゴールへ車移動
11:00 ストレッチ ・沈脱(脱出)全員経験してもらいます
11:40 スタート 各自お弁当を積んで出かけます
12:40 途中の河原で昼食
14:00 ゴール 予定
 
集合場所・時間
【前回体験した方】……秋葉神社下社河川敷駐車場。10:00集合
【今回が初めての方】…8:30集合
 カヤックで気田川下りをします。
 前回「アクティー森」でのレッスンに参加していない方は
 いきなりの川下りでは危険が伴いますので
 今回のレッスン前(10:00前)に行う
 基本レクチャーに参加していただきたいと思います。
 気田川の流れが静かな場所を選んで
 8:30〜10:00前の時間帯で計画しています。
 集合場所は現在、調整中です。


http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E137.53.0.071N34.56.57.54&MT

必要な持ち物・ウエアなど
※カヤック、ヘルメット、ライフジャケット、パドル等の用品は用意します。

※体が濡れても体温を奪われにくい速乾性の素材やウエットスーツ、風をよけるためのナイロン系のカッパ(専用のものでなくても可)をご用意下さい。綿製品は禁物です。
※ 水に濡れてもよいスニーカーなどの靴、バスタオル、日焼け止め、眼鏡バンドなど。
※ お弁当・飲み物
(水にぬれない工夫を!)

●悪天候時について
  当日 朝7:00頃にスタッフから連絡をいたします。

posted by スローライフ掛川 at 2006/05/20 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

第1回カヤッキングの様子

DSCF7921.JPGDSCF7896.JPG

4月22日(土)、まだ川の水に入るには寒さがあるもののよく晴れたこの日、第一回目のカヤッキング講座が森町の「アクティ森」で行われました。お試し体験会となる今回、午前と午存の部を合わせて、受講生約20名とスタッフ&講師で約25名が参加しました。

第一回目は「まずは静水でカヤックへ乗ってみよう」ということで、アクティ森の裏を流れる吉川へ移動。ここは少し下流で水がせき止められていてちょうど池のように流れも無く、練習にはもってこいのポイントです。

講師タパさんによる自己紹介を兼ねた大喜利で場が和んだ存、準備体操とカヌー用具の説明があった存に、各自ヘルメットと救命具を装着していよいよ着水!

受講生ほとんどがカヤック初体験でもあり、一人乗りカヌーを操るという今までに体感したことのない感覚に、着水と同時に「う造ゃー!」「す造いー!」の歓声とともにいきなり興奮度がピーク。暴走しかねない川オヤジ達をなだめるかのように、まずはパドルの持ち方や操作方法をレクチャーした存、ファンカヤックとリバーカヤックの贈組に分かれてカヤックを指導していただきました。

DSCN0643.JPGDSCF7909.JPG

ファンカヤックとリバーカヤックは、途中取り替造て両方を体感することができます(リバーカヤックの方が操作性の高いタイプです。ファンカヤックは安定性が高い)。自分の好みの方をチョイスするとよいでしょう。今回の受講で、受講生全員がカヌーを操作し自力で目的地まで到達してまた戻ってくるまでに至りました。

カヤッキングをすることによって、深い緑に囲まれた吉川の穏やかな川の流れに身を置く一日を過造せた、いうこともとても気持ちがよかったです。

いよいよこれからが本格的なカヌーシーズン。ますます川辺が気持ちの良い空間になっていきます。次回は春野町気田川に場所を移してカヌーを楽しみます!
posted by スローライフ掛川 at 2006/05/20 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

カヤッキングの詳細

カヤッキング

初心者を対象に、一年を通じてカヤックの世界を楽しみます。リバーカヤック、シーカヤックとフィールドを広げながら、自然に遊ばせてもらうクワイエットスポーツの魅力を体験します。技術とともに、自分なりの楽しみ方や自然の中で新しい自分と出会える講座です。

第1回 『 まずは静水でカヤックへ乗ってみよう 』 (体験講座) ――アクティ森
日 時 平成18年4月22日(土)
 A班/午前の部 9:00〜12:00
 B班/午後の部  13:00〜16:00
内 容 流れの緩やかなところで安定の良いカヤックと操作性の良いカヤックの両方を乗ってもらい、カヤックの特性を理解します。水上で転んだ場合の脱出の仕方もトライ。パドルのもち方、使い方の基礎パドリングを学びます。
※ 第1回は体験講座となるため、参加後に本受講を決めて頂いてもかまいません。 [参加費4,000円]

第2回 『 川下りをしよう。ドリンクを持って 』 ――春野・気田川日 時 平成18年5月28日(日)
 A班/午前の部  9:00〜12:00
 B班/午後の部 13:00〜16:00
内 容 川旅の雰囲気を楽しんでみましょう。川面から眺める景色、移り変わる風景、のんびり仲間とおしゃべりしながら、瀬が近づいたらパドルを握り締め、ポイントを見つけては流れの中でカヤックの操作の仕方も学んでいきます。

第3回 『 ダム湖を探検しよう 』 ――長島ダム湖日 時 平成18年6月4日(日)
 A班/午前の部 9:00〜12:00
 B班/午後の部 13:00〜16:00
内 容 ダム湖に沈んだ旧井川線の線路やトンネル、レインボーブリッジを下から眺め、水面から空に向かって突き出た木々や、山間から流れ込む小さな川をカヤックでのんびり行ってみよう〜。

第4回 『 海へ漕ぎ出してみよう 』  ――沼津・西浦
日 時 平成18年7月2日(日)   詳細は後日

第5回 『 狩野川を川下り 』 ――沼津・狩野川
日 時 平成18年9月3日(日)    詳細は後日

第6回 『 気田川を川下り 』 ――春野・気田川
日 時 平成18年10月29日(日)    詳細は後日

第7回 『 フェスティバル 』日 時 平成18年11月26日(日) 
会 場 キウイフルーツカントリーJapan
○受講生、講師陣、運営スタッフ、事務局が一同に会し、交流します。

posted by スローライフ掛川 at 2006/04/25 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

体験講座のご案内(カヤッキング)4/22(土)

アクティビティプログラム
「カヤッキング〜 まずは静水でカヤックへ乗ってみよう」

★体験後、本受講を決めていただいてけっこうです。

日時/平成18年4月22日(土) 
   午前の部  9:00〜12:00
    アクティ森の駐車場へ8:30集合
  午後の部 13:00〜16:00
    アクティ森の駐車場へ12:30集合

会場/アクティ森

内容/流れの緩やかなところで安定の良いカヤックと
   操作性の良いカヤックの両方を乗ってもらい、
   カヤックの特性を理解します。
   水上で転んだ場合の脱出の仕方もトライ。
   パドルのもち方、使い方の基礎パドリングを学びます。
  (アイスブレーク、カヤック用品の説明、パドリングの基本操作など)

費用/体験料4,000円

必要な持ち物・ウエアなど
※カヤック、ヘルメット、ライフジャケット、パドル等の用品は用意します。
※体が濡れても体温を奪われにくい速乾性の素材やウエットスーツ、風をよけるためのナイロン系のカッパ(専用のものでなくても可)をご用意下さい。綿製品は禁物です。
※水に濡れてもよいスニーカーなどの靴、バスタオル、日焼け止め、水分補給用飲み物、眼鏡バンドなどお持ちの方はご持参ください。
        
昼食/必要であれば各自用意ください

講師/上野裕晃(タパさん) カヌーショップ「カヤックタパ」
    狩野川河童倶楽部(ジュニアカヤック)
    奥駿河シーカヤック倶楽部
JSCAイントラ、PW指導員
   古川和司(フルさん)
     JSCAイントラ、PW指導員
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/21 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

カヤッキング

初心者を対象に、一年を通じてカヤックの世界を楽しみます。リバーカヤック、シーカヤックとフィールドを広げながら、自然に遊ばせてもらうクワイエットスポーツの魅力を体験します。
カヤッキング

・開催月と回数 4〜11月(全7回)
・開催予定日 4/22、5/28、6/4、7/2、9/3、10/29、11/26
・定員(最小催行人員) 20名(12名)
・NPO会員受講料63,000円  NPO非会員受講料66,000円
・備考  各回180分、午前・午後コースあり、
     カヤックレンタル、傷害保険
     フェスティバル参加費込み
     現地集合・解散
・講師
  上野裕晃(うえの ひろあき)氏 
   カヤックタパ、JSCAインストラクター(沼津市在住)
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/17 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。