アマゴウォッチング!その1

 10月15日、すでにほとんどの河川が禁漁期に入っている中、フライフィッシングチームは、県をまたいでアマゴの産卵観察へ行ってきました。釣りもしないで、なんでまた魚の観察?と多くの方が疑問に思われるかもしれませんが、フライフィッシングの主な対象魚はサケ科のアマゴやイワナでありまして、彼らは非常にデリケートで、なかなか釣れないのに、この産卵時期には非常に大胆に川を泳ぎまくっているのですな、これが。しかも尺オーバー(30cm以上)の大物を見ることができるのですよ、はい。彼らの産卵行動はまったくサケのそれと同じ。よくテレビでは北海道のサケの遡上と産卵を映していますが、あのように美しくもはかない生命の営みを実物で見よう、ということなのです。なんでそんな遠くまで?というのも、やはり脆弱な魚ですから、環境の良いところでないとなかなか自然再生産ができないのです。ようは、なかなか見ることの出来ない貴重で希少な機会を逃してはいかん!のですね。カレッジとしてはやはりただ「釣る」のでなく、自然の中で「遊ばせてもらう」ワケですから、その「作法」も学ばないと、ということですね。それには彼らの生態系も学び、彼らを取り巻く生態系も学ばないとならない、とこういうワケです。と、前置きがながくなりましたが、今回は2回に分けてレポートします。
DSC02650.JPG

 早朝に市役所駐車場に集合後、水窪方面へとずんずん北上し、静岡と長野の県境である兵越峠を越え、色づく山並みの長野県南信濃村・上村(現在は合併して飯田市)を流れる天竜川の一大支流「遠山川」へ到着。川の規模としては今までのカレッジ会場のなかで水量・川幅ともに最大です。
161015.JPG

 まずは遠山川のさらに支流となる北俣沢へ。むむっ?この沢はいつもよりかなり水が高い!しかも少し濁り気味だ!うまくアマゴが見えるかなぁ?とガイドするスタッフは心配になってきました。いつもはうようよいる尺オーバーのアマゴたちはなかなか見つかりません・・・すると「いたいた!」と小川講師の声。みんなで道から川を覗き込むと、確かにいました尺オーバーアマゴのペア。産卵行動の直前状態で、一定のエリアの中を、人の気配もなんのそので泳いでいます。
161015-01.JPG

 参加者一同「ほぇ〜っ!」と声にならない声。管理釣り場でしか見たことのないような大きさの彼らをじーっとみんなで見つめています。

―――と、いいところで続く・・・
posted by スローライフ掛川 at 2006/11/16 20:51 | Comment(1) | TrackBack(1) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

第5回フライフィッシングの様子

第5回フライフィッシング「水窪川実釣」

朝5時50分、市役所駐車場に参加者が集まった。天気も良さそうだ。小川&佐藤の雨男ジンクスもついに今日は破れたようだ、よしよし。
さて、今日の参加者は全員かな? お、一人足りない、まーたT氏だ。彼は7月の大井川源流釣行のときに30分遅刻して話題を振りまいた人だ。
すかさずK氏が電話をかける。心得たもので、携帯と固定と両方の電話番号が入力されている。
「もしもし、起きてるかね?」
結果、開会とブリーフィング中に彼が来場し、6時15分、まあまあ予定通りに出発できた。参加者のT氏に対するイメージもほぼ確立されたことだろう。なんにせよ、みんなに存在感を知ってもらうのは大切なことなのだ。その点、彼はエライと思う。

さて、今日の目的は、水窪川実釣。一路、浜松市最北部を目指す。
水窪川支流翁川のキャンプサイトに陣を張り、4グループに分かれての実釣指導が始まる。さすがにみんな慣れてきたようだ。道具も揃ってきた。支度も早い。毛針も持ってる。今日はフライタイイングは省略だ。日券を購入して、午前の部、約3時間がスタートした。

P1030086_640.jpg

この日の翁川は、少し水は高めだが、清澄で、気持ちがよい。これでたくさん釣れれば最高だ、が・・・・。
1時間ほど釣り上ると、
「どうですか、出ましたか?」
「うーん、一度出たような、そうでもなかったような・・・」
こんな会話が始まった。
「先行者がいたんでしょうかねぇ?」
「この足跡は、少し前のものかもしれませんねー、まあ、続けてみましょう」
2時間すると、
「他の班は、どうでしょうねぇ?」
「キビシイかもしれませんねぇ」
「あと1時間ですが、少し休みましょう」
となった。
大きな岩の上に腰を下ろし、本日のアシスタント講師、O氏としばしの釣り談義。
彼はテンカラ(和式毛針釣り)のベテランでもある。
「ところでOさん、僕たちが座っているこの目の前の瀬、いくつポイントがあると見立てればいいですかねぇ?」
「そうですねぇ、6つかな。まず手前から左の石のキワ、次にそのすぐ上のタルミ、その次に・・・・・」
そうか、やはりベテランはちがう。僕はこのポイントは3つか、せいぜい4つと見ていたのだ。
「じゃあ、投げてみますね。まず一投目に、ここです。」O氏がピンポイントでフライを打つ。1mほど流して竿を後ろに引く。
「次に、二投目。下流から順番に攻めるようにします」。そして、打ち込んだエルクヘアカディスがゆるりと流れ出したその瞬間だった。
「パシャッ」という音を立てて、魚が跳ねた。
「出たっ!」僕が思わず声を上げたとき、O氏は冷静に、軽くアワセをくれていた。もちろんヒットだ。
しばしのやりとりの後、8寸(おっと、フライだから24cmと言わなきゃ)ほどのアメノがネットに収まった。
美しい、まさに渓流の女王だ。

P1030087_640.jpgP1030089_640.jpg

感心している僕に、
「まだ、3番目から6番目が残っています、やってみてください」
おおそうだ、フライフィッシング講座だ、がんばります。まず3番目のポイントへ。うーむ、我ながら、まあまあの打ち込みだな。では、4番目へと・・・・。
「パシャッ」
「出たッ!!」
しかし立てた竿には魚の重みは載らず、毛針だけが、あえなく後方へ空を切ったのだった・・・。

それにしても、他人が魚をかける瞬間というのは、まま見ることがあるが、これだけ注視していたのは初めてだ。素晴らしい! これぞフライフィッシング講座ならではです、よ。
いやぁ、満足しましたわ。

昼食時、キャンプサイトで各自の報告を聞く。釣果は、講師を含め3人と、キビシイ状況ではあった。その中で見事、自然河川で初ヒットのTさん、おめでとうございました。素晴らしい! 少し悔しいけど・・。

P1030093_640.jpg

大勢でする釣り談義も、また楽しいものだ。1時間ほど談笑した後、小川講師手作りの栗シュークリームをいただいて(美味しかった、ごちそうさま!!)、午後の部は水窪川本流筋へ転戦することになった。

本流は水が高く、少し濁り気味で、コンディションは良くなかったが、それぞれ午前の指導をふまえ、チャレンジ。午後4時納竿となった。

P1030101_640.jpgP1030105_640.jpg

講師評。
「みな流石に、上手に振れるようになってきました。Tさん(女性の方)も今日の一日の上達ぶりは見事でした。釣果そのものは芳しくなかったですが、渓流でのフライフィッシングの楽しみ方を身につけていただけたと思います」
岐路、睡魔が襲うのではと心配したが、今日の反省を含めた釣り談義で、眠気は一切なく、無事帰還となった。充実の一日でした。次が楽しみです。
 
posted by スローライフ掛川 at 2006/09/26 00:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

第4回 フライフィッシングの様子

大井川源流付近での実釣り体験 1泊2日のレッスン

FF二軒小屋_00.jpg

第1日目 7月15日(土)
やはり天候が心配!(雨男ふたり連れの旅なのであります)
参加者(受講生7名、講師・スタッフ7名)
夜も明け造 午前3時30分〜4時 集合場所の市役所駐車場。暗闇の中に、怪しい人影?
出発時間になっても、現れない T川さん。
少し遅れて4時20分、3台の車に分譲し出発。
夜も白々明け、天気はよさそう。

FF二軒小屋_01.JPG

6時40分ころ待ち合わせ場所の井川?で、講師の川野さん、小川さんと合流。川野さんは、相模原を午前2時に出たとのこと、釣りとなると朝早いのも何の苦にもならないようだ。
ここで、遊魚証を購入(自動販売機)

FF二軒小屋_03.JPGFF二軒小屋_02.JPG

7時40分、バス乗り場に到着。8時発のバスに乗る予定であったが、既に先客で・席。バスの運転手は、7時到着予定の掛川の衆を待っていてくれた様だが・・・。次のバスを待つことに。

10時30分頃、目的地の二軒小屋に到着。
ロッジで早めの昼食をとり、講師から今回のレッスンのスケジュール、や渓流釣り楽しみ方の話を聞き、タイイングのレッスン。各々今日使うフライを4,5個作り、ウェーザーに着替えいよいよ渓流へ・・

FF二軒小屋_05.jpgFF二軒小屋_06.JPGFF二軒小屋_09.JPG

第3回までの講座は、管理釣り場の実釣り体験であったが今回初めて川に入り釣りをするのは初めてである。ここでは、川(渓流)の渡り方、川の流れの見方、魚の居そうなポイント、フライの流し方などのレクチャーを受ける。

FF二軒小屋_07.jpgFF二軒小屋_08.jpgFF二軒小屋_10.jpg

川の対岸まで、腰くらいまで水につかり恐る恐る流れに逆らわずに、全員何とか渡りきる。一通りの説明を受けたあと、3班に別れてそれぞれのポイントに向かう。(本流、西俣、東俣)
釣り場まで歩くこと歩くこと、上流に向かって歩くから上り坂。
釣り場に降り、ポイントにフライを2,3回投げ食いつきがなければ、川(水)の中を上流に上りながらポイントを探しまた投げ見る。この繰り返しで、約2時間1キロ以上も渓流を歩きながら登っていく。が何の手ごたえもない。魚影も見えない。本当にいるの岩魚!
4時を過ぎた。ロッジへ戻ることに。釣果はなし。帰るには、今上っていた所を今度は下る。足取り重い。途中雨が降り出す。
フライフィッシングとは釣っている時間より、歩く時間のほうが多い?。こんな体力を使うものなのか?

FF二軒小屋_12.JPGFF二軒小屋_17.JPGFF二軒小屋_13.jpg

川野先生曰く、“フライフィッシングは、歩いた者の勝ち” なるほど納得?
午後6時全員揃い、夕食タイム。疲れた〜。

だいぶ雨が降ってきました。明日はどうするのかな?

第2日目 7月16日(日) 7時朝食、外は雨、だんだんひどくなる。

FF二軒小屋_14.JPG

このまま帰れないと、雨の中でかける組

ロッジに残り、タイイングの練習をする組
でも小ぶりになったら皆出掛けて
行っちゃいました。

FF二軒小屋_15.jpgFF二軒小屋_16.JPG

それぞれ別行動のため様子がわかりません。
それぞれのグループの様子は?
それそれ書き込んでください。

午後1時30分のバスで帰路に。
釣果はなくても、この場所で釣りが出来た、贅沢さ。
二日間お疲れ様。

posted by スローライフ掛川 at 2006/07/22 20:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

第3回フライフィッシングの様子

前日、前々日と、数日間降り続いた雨で川は増水し、自然の川での釣りは厳しい状況となってしまい、今回は裾野フィッシングパークという管理釣り場での講座となりました。
受講生のみなさんは、前日の河野先生のセッションで、この日のモチベーションが高まっている様子。到着時から雨は降り続いていましたが、みなさんやる気満々でした。
DSC01601.JPGDSC01609.JPG
最初はタイイングの講習をしていただき、前回とは違うタイプのフライを巻きます。川に棲む、様々な水生昆虫に似せるフライ作りは、難しくも楽しいものですね。
巻き方、使う素材、魚の餌となる生き物のことなど、覚えることはたくさんあるのですが、その分とても奥が深く、このタイイングだけでも充分な趣味になってしまいそうなほど、魅力ある楽しいものです。

DSC01614.JPGDSC01619.JPGDSC01608.JPG
さてさて、午後からはいよいよ実釣です。
自分で巻いたフライを使っていざスタート。慣れぬ手つきながらも講師やスタッフの方々の手を借りながら、魚との格闘です。
背後の木を釣ってしまったり、糸をきられてしまったり、合わせで逃してしまったり、釣り上げた後のフライを外すのに苦労したり・・・

最初は、いろいろ手伝ってもらう姿がみえましたが、そのうち手こずりながらも何とか自分で対処してけるようになっていました。
今回は管理釣り場ということもあり、みなさん多くの釣果が得られました。
実際に自分で巻いたフライを自分で結び、キャストし、魚の引きや、釣り上げるまでのやり取り、そして釣り上げたときの喜び・・、これらフライフィッシングで起こる、様々な動作や感覚を味わえ、その魅力の世界へ、また一歩深くへ入り込んだのではないでしょうか?

DSC01604.JPG
さぁ、次回はいよいよ大井川源流域での釣行。
第4回目の講座が俄然楽しみになってきましたねぇ。
posted by スローライフ掛川 at 2006/06/20 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

第3回フライフィッシングのご案内

【第3回・6/18(日)渓流での実釣講座】ご案内

前回講座終了時、次回は裾野フィッシングパークで、という
可能性があることもお伝えしましたが、“ドライフライを
使って、渓流で最初の一匹を”という当初の計画通り、
地元の渓流=太田川で講座を開催することにしました。

ただし、今も降り続く雨により、河川が増水して釣りが
できない場合は、管理釣り場(ジュネス/吉田町)等へ
会場を変更する(当日朝の集合時)場合があります。
予めご承知おきください。

■集合時間・場所=朝8:00掛川市役所駐車場
渓流OK=太田川支流吉川へ移動(約40分)
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~b-flat/sub7.htm
渓流NG=管理釣り場ジュネス(予定)へ移動(約40分)
 http://www2.tokai.or.jp/jeunesse/

■時間=9時〜12時(渓流・管理釣り場いずれも)

■内容=実釣体験
渓流=対象魚はアマゴでなくオイカワ、カワムツ
が中心となりますが、ドライフライを、どこへ、どう
流し、どう釣るか、という基本を学びます。
管理釣り場=対象魚はニジマス、ヤマメですが
ドライフライがキビしい場合、ニンフ or ウェットフ
ライでの釣りとなります。

■利用料=どちらも利用券の購入が必要です
渓流/遊漁証:日券 1,000円
管理釣り場/1日券 4,000円

■出欠の連絡をお願いします。

※今回も含め講座会場となる渓流ではウエーダー
やベストなど基本装備が必要となります。NPO事務
所(コンセプト株式会社)にフライフィッシングのウェア、
タックル類のカタログが届きました。購入方法など
ご相談を承りますのでぜひ立ち寄りください。

地図 http://www.conception.co.jp/conceptmap.pdf


posted by スローライフ掛川 at 2006/06/15 18:55 | Comment(3) | TrackBack(1) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

第2回フライフィッシングのご案内

5/21(日) ―川のほとりで基礎講座― ごあんない

集合時間・場所=朝8:15掛川市役所駐車場
 参加者全員で大井川へ移動(約40分)します
会場=大井川(島田市福用)河川敷
時間=9:00〜12:00予定
内容=タックルの使い方レクチャー、キャスティングレッスン、
   タイイングレッスンなどを予定しています

※事前にロッド、リールほかタックル類が必要な方は連絡事務所まで足をお運びください。
※当日リーダーやティペットなどは販売します。

5月21日レッスン会場.bmp
posted by スローライフ掛川 at 2006/05/18 11:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

第1回フライフィッシングの様子

fly5.JPGDSC00005.JPG

4月23日(日)、雨の中、第1回目となるフライフィッシングの講座が森町「ヤマメの里」において行われました。お試し体験会でもあり、受講者20名、スタッフ、講師合わせて約30名ほどが参加。
まず、講師の川野信之先生からフライフィッシングの歴史やこの釣りの楽しみ方についてレクチャー。その後、二組に別れ、キャスティングのレッスンと、フライフィッシングのシステムやメカニズムを学びました。

釣り場では、講師による実際の釣りデモストレーションが行われ、すぐにヤマメやイワナが釣り上げられ、受講者たちから「おおーっ!」と歓声が上がる一幕も。さっそく「自分も!」と、フライロッドを手に管理釣り場を囲みました。

DSC00037.JPGDSC00048.JPG

ほとんどの参加者が初心者だったにもかかわらず、参加者の半数がイワナやヤマメを釣り上げ、中には28pものヤマメを釣り上げる人もいました。雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、たき火を囲み、掘りたての筍を頂いたりと、楽しい一日を過ごすことができました。

DSC00021.JPG

自然との密着度合いが強いと川野先生がおっしゃったように、自然の中で魚と一対一で向き合うフライフィッシング。面白かった〜!
次回が楽しみです!
posted by スローライフ掛川 at 2006/05/18 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

フライフィッシングの詳細

フライフィッシング
シーズンを通じ、渓流魚・水生昆虫の生態を観察し、生活の中に息づく森林と水辺の正しいあり方、自然とのかかわり方を、フライフィッシングを通して学びます。

第1回 基本レクチャー 『 管理釣り場での実釣体験 』  ――アクティ森日 時 平成18年4月23日(日) 9:30 〜 15:00
内 容 簡単なレクチャー&デモンストレーションの後、実際に釣りを体験して頂きます。体験講座となるため、用具は全て貸与します。手持のタックルがある方は持参してください。
       ※体験講座参加費  3,000円 (遊魚料別途)       [受講後、本受講を決めて頂いてもかまいません]      

第2回 『 川のほとりで基礎講座 』  ――掛川・森近郊日 時 平成18年5月21日(日) A班/午前の部 9:00〜12:00 B班/午後の部13:00〜16:00
内 容 フライフィッシングのシステムやキャスティングの基礎、用具の使い方などを解説します。その他、フライタイイング(毛鉤巻き)や、時間の許す方は夕方の釣りも……・。

第3回 北部の川での 『 実釣り、フライタイイング 』 ――春野、水窪日 時 平成18年6月18日(日) A班/午前の部 9:00〜12:00 B班/午後の部  13:00〜16:00
内 容 前回の講座内容をもとに、実釣り体験。新緑の山に分け入って、本格的な渓流を肌で感じる一日です。タイイング(毛鉤巻き)の基礎や水生昆虫観察なども……。

第4回 『 遠征キャンプ釣行 』 ――大井川最源流部日 時 平成18年7月15日(土)〜16日(日)   ※15日朝5:00掛川市内(場所未定)集合 ※16日15:00現地解散
内 容 梅雨明けの太陽の下、南アルプスの真っただ中で、親睦を兼ねた自由な二日間を楽しみます。源流のイワナ釣りや溯行技術なども解説。     
第5回 『 県外の川での実釣 』    ――長野・遠山川日 時 平成18年9月17日(日)  現地 朝 8:00集合
内 容 現地の山小屋を利用し、山の生活に触れてみる。 また、大きな流れの攻略法なども解説。

第6回 『 アマゴの産卵ウォッチング 』 ――長野・遠山川
日 時 平成18年10月15日(日) 現地 朝10:00集合
内 容 アマゴの産卵を観察。フライフィッシング的こころ、その行く先などを考えます。 
      
第7回 『 フェスティバル 』
日 時 平成18年11月26日(日)
会 場 キウイフルーツカントリーJapan                                        
内 容 受講生、講師陣、運営スタッフ、事務局が一同に会し交流します。
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/25 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

体験講座のご案内(フライフィッシング)4/23(日)

アクティビティプログラム
「フライフィッシング〜管理釣り場での実釣体験」

★体験後、本受講を決めていただいてけっこうです。

日時/平成18年4月23日(日) 9:30〜15:00

集合/森町問詰「アクティ森」駐車場へ8:45までにご集合ください
    会場までスタッフが先導してご案内します(車で約30分)

会場/大河内清流「やまめの里」  周智郡森町三倉2314-1 TEL.0538-86-0588
     http://www5b.biglobe.ne.jp/~b-flat/sub9.htm

内容/デモンストレーションとキャスティングレッスン、アマゴの実釣
 「やまめの里」さんのご厚意により、一部エリアをカレッジ専用に
  ご用意いただけることになりました

費用/体験料3,000円+ヤマメの里利用料2,150円

道具/この日はロッド、リール、ライン、リーダー、フライ等を貸与します
   お手持の道具類がある方はご持参ください

昼食/現地に軽食はありますが、おにぎりなど主食は必ずご持参ください

持物/帽子は必ず着用し、軍手など手袋をご持参ください。
   偏光グラスをお持ちの方はご持参ください

講師/川野信之『フライフィッシング用語辞典』著者(相模原市在住)
   小川博彦『サイトフィッシングの戦術』著者(富士市在住)   
    講師より・・「初めての一尾と出会うために、
            二人の水先案内人が旅のお供をいたします」

<お詫び>
4月15日(土)オリエンテーション時に「裾野フィッシングパーク」を会場とする予定をご案内しましたが、講師、事務局で掛川近郊の「やまめの里」へ下見し、調整した結果、この日のためにポンド(池)を一定期間休める、一部エリアを専用利用可、などの配慮をいただける「やまめの里」に会場を決定いたしましたので、どうかご了承くださいますようお願いいたします。

<ご参考>
アクティ森のホームページ http://www.actymori.jp/
講師:川野信之さんのホームページ http://kawanobooks.com/index.html
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/21 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

フライフィッシング

シーズンを通して、渓流魚・水生昆虫の生態を観察し、生活の中に息づく森林と水辺の正しいあり方、自然との関わり方を、フライフィッシングを通じて学びます。

・開催月と回数 4〜11月(全7回)
・開催予定日 4/23、5/21、6/18、7/16、9/17、10/15、11/26
・定員(最小催行人員)20名(12名)
・NPO会員受講料50,000円  NPO非会員受講料53,000円
・備考  各回180分、午前・午後コースあり
     傷害保険、フェスティバル参加費込み
     現地集合・解散、遊漁料等は別途
・講師
  川野信之(かわの のぶゆき)氏
   『フライフィッシング用語辞典』著者 (相模原市在住)
 小川博彦(おがわ ひろひこ)氏 
   『サイトフィッシングの戦術』著者 (富士市在住) 
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/17 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。