【番外編】鎌倉サイクリングの様子

サイクリング講座の番外編として行なわれました
「鎌倉サイクリングツアー」に行ってきました。

バスに30台もの自転車を積み込み、現地でサイクリング
をしよう。という初めての試み。

生憎、当日の朝は雨。
昼ぐらいには上がるという天気予報を信じながら、
まずは自転車の積み込みにかかります。

さすがに30台もの自転車を一度にバラすのは大変
なもの。車輪を外し、サドルを外し、ペダルを外し、
少しでも多く、スムーズに積み込めるようこの出っ
張った部分を外していきました。
それにしてもこれだけの数の自転車を、バラした状態
の光景は、なかなか壮観なものです。最初はあまりに
途方も無く思え、、
こりゃ、これだけの数積めないんじゃ・・・
なんてしり込みしそうになりましたが、カレッジの講師
でもある、メカ・ペシャリストの山崎さん等の手にかかり
また、多くのサイクリストの皆様の協力で無事に積み込む
ことができたのでした。
ん〜、これだけでも満足感ありました。はい。

さてさて、こうして準備が整い、わざわざ駆けつけてくれた
「見送り隊」に暖かく見送られ、いざ出発と相成りました。

東名に乗り東へ東へ進んでいくと、天気は西から回復の
兆し。青空ものぞき始め、雲間から差し込む光で虹がきれいに
かかっています。しかし神奈川に入り箱根を越えると雨模様。
お昼前に辿り着いた鎌倉はまだ小雨が・・

予定を変更し、2つ設定していたコースを一本化し、皆一斉に
スタート、現地の案内は長谷川さん。
著名な観光地から一歩はなれた静かな路地を縫うように走り、
人気の少ない渋い場所を案内してくれました。
ありきたりでない、隠れた名所や、「おおっ」と思わせる隠れた
みち、景色を知っているのが現地ガイドの魅力ですね。
DSC03270.JPGDSC03274.JPGDSC03280.JPG

元鶴岡八幡〜光明寺〜海蔵寺〜寿福寺〜鶴岡八幡など各所を周り、
最後に自由時間。
ここでは、大仏めぐりと、お土産お買い物組とに別れて行動し、
海浜公園で待つバスへ戻りました。

DSC03289.JPG

帰りのバス車中は、じゃんけん抽選会と、参加者からの感想大会
で大いに盛り上がりました。

今回の鎌倉ツアーでは、様々なことが初体験でした。
自転車の積み込みから、鎌倉の街を自転車で駆け巡ること、
ご参加の皆さんも、いろいろと感じることが多かったので
はないでしょうか?

鎌倉を走って、掛川は本当にサイクリングをするのに恵まれた
土地であることを改めて感じました。さて、皆さんは、この
ツアーでどんなことを感じてきたのでしょうか?
コメントお待ちしています。
posted by スローライフ掛川 at 2007/02/21 19:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

【番外編】鎌倉サイクリングツアーのご案内

カレッジ・サイクリング番外編として、バスで行く鎌倉サイクリング
ツアーを行います。
現地(鎌倉)までバスで移動し、到着後に冬の鎌倉を自転車で
巡るサイクリングです。カレッジ受講生以外の方も参加可能です。

趣のある建築物・旧所・名跡に足を止め、また生活感のある
路地やわき道、爽快な海岸沿い等を走ります。
車や、観光旅行などでは味わえない鎌倉の新たな魅力を、いつも
の道とはまた違った楽しさを、サイクリングを通じて感じてきましょう!

■日  程/2007年2月18日(日)
■集  合/AM7:00 掛川市役所 北側駐車場
■参加費/カレッジ受講生 6500円(往復交通費・旅行傷害保険料含む)
        NPO会員    7500円(      〃        )
         一  般     8500円(      〃        )

■内   容/〔のんびりコース〕鎌倉市内の路地やわき道を散策 約20km
         〔ハードコース〕 鎌倉市内〜逗子〜葉山方面への 約40km

■申込み方法/電話、FAX、メールのいずれかで下記の事務局まで
          ご連絡ください

【お申し込み・お問い合わせ先】
 NPOスローライフ掛川 連絡事務所
 〒436-0091 掛川市城下5-10・1F コンセプト鞄
 担当:鈴木、河住、佐藤
 TEL/0537−22−0654  FAX/0537−22−0786
 メール/project@slowlife.info
posted by スローライフ掛川 at 2007/01/05 13:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第5回 サイクリングの様子

心配していた前夜に降った雨のおかげで、
サイクリング当日はクリアな晴天に恵まれました。

今回は「輪行サイクリング」ということで、タイヤを
外し、自転車を専用の袋に入れて、島田まで電車で
移動しました。
初めての「輪行」作業はなかなか手こずります。走る前から
もう汗びっしょり。悪戦苦闘しながらも、皆さんなんとか袋に収納し
出発準備の完了です。

DSC00209.JPGDSC00210.JPGDSC00211.JPG

無事袋入れられたのはよいものの、肩にかついで改札を
とおり階段のある駅のホームを移動するのはなかなか大変。

心優しいサイクリング部隊の男性陣は、今回半数を占める女性陣の
自転車を運んであげたり、あれやこれやと、手伝っている姿がとても
印象的でした。講座も最終回を迎え、すっかり仲間意識も深まりましたね。
和やかなムードの中、電車に乗り込みました。

DSC00213.JPG  DSC00214.JPG

無事島田駅へと到着したら、今度は袋から自転車を
取り出し、タイヤをはめて、出走の準備です。
通り掛かりのおばさんに、
「これ自転車なの?」
「なに、女性もいるの?」
「ふぇ〜」
と感心されます。
こうした自転車の輪行や、スポーツ自転車でのサイクリングが、
もっと普通にとらえられるようになるとよいですよね。

さて、順調に島田駅を出発し、まずは大井川沿いの河川敷
リバティマラソンコースを進みます。大井川の流れと、きれいに
整えられた河川敷の緑が目に鮮やかです。
天気は透き通るような青空、気持ちのよい秋晴れに気分も躍ります。

DSC00217.JPGDSC00218.JPGDSC00219.JPG

程なく大井川を横断し、お昼ごはんを人で賑わう新金谷駅にて買い込
みました。この後金谷の街並みを抜け、試練の激坂!?を登ります。

DSC00220.JPG  DSC00222.JPG

苦しい登り道でしたが、景色はぐんぐん開けます。そして坂を上りきった
牧の原公園にて昼食をとりました。

DSC00224.JPG

眺めよく、こじんまりとした公園での
のんびりランチ。眼下には大井川と金谷・島田の街並みと、蒸気をあげ、
汽笛を鳴らすSL列車を眺めながらのランチです。

DSC00226.JPG  DSC00227.JPG

気分は穏やかに、また会話も自然と弾み、豊かなひと時を愉しみ
ました。

お腹もいっぱいになり、あまりの気持ちよさに根を張ってしまう・・・前に
午後の部のスタートです。
午後は広大な茶畑の広がる道を進みます。

DSC00230.JPG

この地域に住んでいながら知らなかったこの道、とにかく最高でした。

どんなに最高だったか知りたい方、是非一緒に走りましょう。
あまりの素晴らしさに唸りますよ。本当に。

DSC00231.JPG  DSC00232.JPG

そして、この快適&眺望抜群の茶畑滑走路を進んでいくと、
いつの間にか掛川市内に入っていました。
まだ14:00前だというのに大分傾いた陽射しと、
風に揺れるススキの穂が、またなんともいえない雰囲気です。

DSC00235.JPG 

気がつけば遠くに見えていた粟が岳も眼前に迫り、
山肌に刻まれた「茶」の文字も一層大きく見えてきます。
そしてここから先、東山〜日坂までは爽快な下りが続きます。
郷愁を誘うような、なんだかとても心地のよい風景が続きました。

DSC00237.JPG  DSC00238.JPG

この後、事任八幡宮に訪れ、クスの巨木・鎮守の森で一服し、
逆側沿いの美しい里の風景を眺めながらポタリング。

最後は逆川沿いを進み、大勢の人で賑わう掛川城下・「こだわりっぱ」で、
観光客に混じりながらソフトクリームに舌鼓。疲れた体に冷たい
甘さがしみわたりました。

DSC00239.JPG   DSC00240.JPG

輪行して電車での移動、大井川沿いを走り、金谷の街並み、
高台に広がる茶畑、掛川東部の山間集落、そして掛川のお城までを
味わった変化に富んだサイクリングでした。
受講生の皆さんも、サイクリングの楽しさ気持ちよさを
120%感じることができたのでは?
posted by スローライフ掛川 at 2006/10/30 12:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第5回サイクリングのごあんない

第5回  輪行サイクリング(電車に自転車を乗せて走ってみよう)
9/29日(日)  AM8:00〜15:00予定
集合場所 掛川市役所
【内容】
今回は自転車を電車(東海道本線)に乗せて島田まで行き
、自転車に乗って帰ってきます。自転車の前後輪を外し、専用の
バック(輪行袋)の入れ方や運び方を学び、楽しみましょう。
帰りは大井川のリバティーを走り、牧の原を上り粟ヶ岳の麓を通り、
日坂宿を回ってくるコースです。
【コース】
市役所→掛川駅→島田駅→大井川リバティー→牧の原公園→
粟ヶ岳上り口→日坂宿→市役所 (約36kmの工程です。)

※以上を予定しておりますが、天候の状況によっては
 内容を変更することがありますので、ご了承下さい。
※輪行バックは当日お配りします。
※小物が入るバック(リュックサック等)があると便利です。
※ヘルメットは着用してください。(無い方の為にご用意しています)
※ドリンク500ccを用意しています。
※電車賃(400円)、昼食は自己負担になります。
posted by スローライフ掛川 at 2006/10/23 17:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第4回サイクリングの様子

9/23日は雑誌「サイクルスポーツ」の元編集長の
宮内忍さんのフォーラムがあった。その翌日に行なわれた今回の
サイクリング講座は、ありがたいことに宮内さんも参加
してくれました。
DSC02525.JPG

4月に始まった講座も後半を向かえ、今回のコースは
市役所から「ならここの里」までを往復してくる山岳コース。

先ずは逆川をさかのぼって橋を渡り、今度は倉見川の土手道を
進みます。そして森街道へ入り北へ北へと走ります。

DSCN3121.JPGDSC02529.JPG

大きな通りから、いきなり細い路地へ入ったり、右へ左へと小刻みに
曲がる塩の道。土地勘のない人には方向感覚も分からなくなり、
一体どこへ向かっちゃってるの?といった感じになったのでは。
さすがの宮内さんも
DSC02533.JPG

「こりゃちょっと覚えられんなぁ。でもおもしろいね」と、
このマニアックともいえる塩の道を愉しんでいる様子でした。

天浜線の原谷駅で最初の一服。
この日は宮内さん効果か、受講生全員出席で、
スタッフ・サポートサイクリストも多数参加してくれました。
また、いつにもましてサイクル談義が盛り上がり、
一服タイムもなかなかよい雰囲気です。
サイクリング講座もいい感じになってきてますねぇ。

DSC02549.JPGDSC02551.JPG

原谷中の脇を通りると一気に景色がひらけます。
通る車も少なく、緑から黄色に変わりはじめた田んぼの
景観が、また気持ちよさ一層引き立ててくれています。

DSCN3200.JPG

そして、クルクル回すペダルのリズムや、肌をやさしく通り
抜けていく風がなんとも心地よく、前後を走るみんなの表情も、
自然と緩んでいるのがわかります。

DSC02541.JPG
しかししかし、快適ロードもこの後始まる山岳コースのプロローグ。
今度は緩んだ顔を歪めながら、一路「ならここの里」を目指して
登ってゆきます。

DSCN3232.JPG

この上り坂で遅れをとった女性陣。屈強な!?サポートスタッフ達が
取り囲み、女王様達を励まします。

無事、目的地の「ならここの里」に辿りつくと、
なんとスタッフから掛川名物「振袖もち」のご振る舞い。
疲れた体には、甘いものがしみわたりますね。

この休憩時、ニューバイクで参加した女性受講生を
あれやこれやと、教えたがりサイクリストが取り囲みます。
(自分もその取り巻きの一人でしたが・・)

DSCN3258.JPG
これって、昨日の講演で宮内さんがおっしゃっていた
まさに「女王様サイクリング」そのものじゃあないですか。
その様子を傍からみていると、なかなか面白いのですが、
講座の盛り上がりを感じさせる微笑ましい光景でもありました。

DSC02558.JPG

帰路は苦労して登った坂を一気に下り、柴ちゃん牧場の
ソフトクリームで再びエネルギー補給。
スペシャル・スタッフのK造さん・S藤さんから、今度は「みたらし
だんごの」差し入れがありました。甘い物づくしでしたが、お昼が
近いこともあって、みなさんよく食べていらっしゃいました。

DSCN3281.JPG

コース終盤は、猫バスが通るともっぱらの噂がある「田園滑走路」
を走り、過ぎ行く天浜線を横目にペダルを漕ぎます。
ここは本当に風情のある、美しい道ですね。日本人の、
掛川人のどこか琴線をやんわり刺激する素敵な風景です。
何度通っても気持ちのよい道。

DSCN3348.JPGDSC02579.JPG

やがて、国道を横断し逆川にでれば、ゴールの市役所は
もう間近。ルンルン気分で無事帰着です。


DSC02588.JPGDSC02587.JPG

歩いてはきつ過ぎ、車じゃつまらんけーが、
程よいスピード感と、自分で動かす自転車だからこそ感じら
れる楽しさを、たくさん味えた約45kmのショートトリップでした。
DSC02584.JPG

posted by スローライフ掛川 at 2006/10/06 18:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第4回サイクリングのご案内

第4回  山岳サイクリング(ならここの里に行こう)

■期日/9月24日(日)  AM8:00〜12:00予定

■集合/ 掛川市役所 8:00

■持ち物/パンク修理キット
      (万が一パンクの際は自分で対処できるように練習しましょう)

【内容】
今回は塩の道を原谷まで走り、原野谷川沿いをならここの里に
向かって走ります。途中上り坂がありますが、がんばって上りましょう。
帰りはしばちゃん牛乳に寄って原谷の田園滑走路を走ってきます。
行きは登りがありますが、帰りは下りですので爽快に走れます。

【コース】
市役所〜塩の道〜原谷駅→大和田→原谷川ダム→ならここの里→
しばちゃん牛乳→原谷→細谷駅→市役所

※以上を予定しておりますが、天候の状況等によっては内容を変更
 することがありますので、ご了承下さい。
※小雨の場合は決行します。
※ヘルメットは着用してください。(無い方の為にご用意しています)
※サポートカーが付きます
※ドリンク500ccを用意しています。
※しばちゃんでの飲食は自己負担になります。

上記の内容で予定していますのでよろしくお願いいたします。

■出欠連絡先/スローライフ掛川事務局
(下記いずれかの方法でご連絡下さい)
TEL:0537-22-0654  FAX:0537-22-0786  
メール:project@slowlife.co.jp


posted by スローライフ掛川 at 2006/09/18 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第3回サイクリングの様子

待ちに待ったサイクリングの実走行。
今回は「海まで行こう!」というテーマの下、
約45kmの道のりをのんびりと走ってきました。
市役所からスタート市し、ペダルを漕ぎすすめ、
交通量の多い「道路」から、車の通らない・通れない「道」へと進みます。
DSC01637.JPG

しだいに街中の喧騒からははなれ、緑鮮やかな田園風景の広がる景色が広がっていきます。
また、通り過ぎてゆく風は心地よく、様々な匂いを運んできまてくれました。
DSCN2933.JPGDSCN2941.JPG

しばらく漕ぐと、菊川に出合います。ここからは土手沿いをのんびり、ゆったり、心豊かに漕いで行きました。きっと、この土手道はサイクリングをしなければ通ることはなかったでしょうし、ここから眺める景色もまた、車窓から眺めたりするものとは違った新鮮さや、小さな喜びといったものがありますね。
やがて、菊川が遠州灘へと注ぐ河口へと到着。ついに海まできちゃいました。でもみんなで走ると、意外と難なく走って来れちゃうものですね。
で、優雅にかかる潮騒橋の上では
感動!?
の記念撮影。海をバックにパチリ。
DSC01659.JPGDSCN2969.JPG
みなさん良い顔してました。

さてさて、帰りは本勝寺と校長先生のいるキウイフルーツカントリーに寄り道しながらか20km強のサイクリング。まだ半分ありますぜい。
道中、本勝寺のナギとマキでできた珍しい門と、アジサイの花はなかなかの見ものでした。
自転車を使うと、こうしたちょっとした寄り道が良いアクセントになり、なんだか小さな旅をしている感覚もして、楽しいものですね。

DSCN3011.JPGDSCN3027.JPGDSCN3020.JPG

体も疲れ、お腹も減りだした頃、甘い香りの漂う平野さんのキウイフルーツへ到着。いろいろな種類のキウイをご馳走になってきました。中にはワインを飲みだす「強者」たちも・・・
DSCN3063.JPGDSCN3066.JPGDSC01672.JPG

平野さん、ありがとうございました〜。

美味しいキウイで英気を養い、無事市役所に戻りました。
到着とともに雨が降り出し、前回までの不運な天候からは
一変して、今回は天候にも恵まれた、充実のサイクリングとなりました。
参加された受講生のみなさん、いかがでしたか?


posted by スローライフ掛川 at 2006/06/27 18:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第3回サイクリングのご案内

6/25(日) 平坦コースサイクリング 〜地図を見ながら海まで行こう〜 

■集合時間 AM8:00〜12:00予定
■集合場所 掛川市役所

【内容】
今回は地図を見ながら田んぼ道、川沿いの自転車道を走行し、シートピア(大東温泉)まで走ってくる、ほぼ平坦なコースです。
また帰りには、カレッジ校長の平野さんのキウイフルーツカントリーに立ち寄り、美味しいキウイをご馳走していただく予定です。

【コース】
市役所→上内田→井崎→菊川沿い→シートピア→シオーネ→本勝時→
キウイフルーツカントリー→市役所

※小雨決行の予定ですが、状況によっては内容を変更することがありますので、ご了承下さい。
※ヘルメットは着用してください。(無い方の為にご用意しています)
※サポートカーも付きます
※ドリンク500ccを用意しています。

上記の内容で予定していますのでよろしくお願いします。
posted by スローライフ掛川 at 2006/06/16 09:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第2回サイクリングの様子

5月28日(日)サイクリングの第2回目の講座は自転車のセルフメンテナンスについて行ないました。前回に続き今回も生憎の天気。やむなく実走行は中止にして、車で学習センターへ移動しました。
学習センターでは、人工芝の円形広場を使わせていただき、広く明くとても快適でした。さてさて、セルフメンテの実践ですが、まずは自転車の前後輪の外し方を行ないます。
ブレーキを解除して、クイックレバーを開いて・・・
ママチャリとは違い、スポーツタイプの自転車はいとも簡単にタイヤを外すことができるんですねぇ。

DSC01489.JPG    
ただ後輪を外すときは少々コツがいり、慣れない方にはまるで手品のようにも見えたようです。

続いては、自分たちで外したタイヤを使ってパンク修理法を学びます。
タイヤレバーなるものを使い、チューブを取り出して、新しいチューブに交換します。
DSC01498.JPG
けっこうコツがいり、なかなか上手くいかない様子でしたが、それでも皆さん全員自分でチューブ交換ができました。その他、穴のあいたチューブの補修の仕方や、走っている途中でチェーンが外れた場合の直し方etc・・
いろいろな事を教えていただけました。
DSC01497.JPGDSC01502.JPG
多くの人が日常的に使う自転車ですが、こうしたワザの数々は、なかなか教えてもらえる機会はないですし、あまり知らないことなんですね。
ある程度のメンテナンスが、自分自身でできるようになってくるのも、また楽しさの一つですかねぇ。

基本的なセルフメンテを覚え、
さあ、次回はいよいよ海までの中距離サイクリングだ〜!!。


posted by スローライフ掛川 at 2006/05/29 16:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第2回サイクリングのご案内

5/28日(日) 第2回『メンテナンス講座』
 
集合場所、時間:掛川市役所 AM8:00〜11:00予定

内容:@市役所駐車場にて始業点検の仕方
     乗り方の基本(コーナリング、変速の仕方など)
    
   A市役所〜学習センターまで走行
 
   B学習センターにて前後輪の外し方、チューブ交換の仕方。
    パンク修理、変速機の調整など

   C学習センター〜市役所まで走行。

※以上を予定しておりますが、天候などの状況によっては
 内容を変更することがありますので、ご了承下さい。
※チューブ、空気入れ等は事務局でご用意致します。
※ヘルメットの着用を推奨しますが、今回は走る距離が少ない為、
 無くても構いません。


posted by スローライフ掛川 at 2006/05/23 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

第1回サイクリングの様子

小雨降るあいにくの空模様の中、ライフスタイルデザインカレッジ・サイクリングの第一回目は一般参加者9名、講師・NPOスタッフ9名の18人が集まっての開校となりました。

この日講師を務めていただいたのは、「サイクルランドちゃりんこ」の山崎清一さんと「自転車文学研究室」主宰の白鳥和也さん。
DSC01361.JPG

山崎さんからは、自転車のポジショニングや様々な種類(ロード・マウンテン・クロスバイク・ランドナー・小径スポーツなど)の自転車の特性、使い分けの説明があり、参加者の方に、実際それぞれの自転車を乗り比べてもらいました。

フルサスペンション付きのゴツいマウンテンバイクや、超軽量のロードバイク、小径スポーツ車と、普段乗りなれぬ様々な自転車に参加者の方々も興味津々で、雨が降っているのも気にせず、いろんな自転車を乗り試していました。
DSC01369.JPGDSC01366.JPG
いつもの自転車とは違った乗り味、気持ちよさ、面白さ・・
自転車への興味を引き出し、新しい楽しみの扉を開いてくれるきっかけにもなったように見えました。

それから、自転車に乗るうえで気をつけなければならないこと等のレクチャーもありました。
自転車を傷めない乗り降りの仕方、段差でスリップしないためには? なんでパンクするの?パンクさせない上手な段差の通り方は?などなど・・
こうした自転車の達人からのレクチャーは、初心者ではなかなか気付けない内容で、とてもためになるものでした。
DSC01371.JPG

この後、事務所に移り、白鳥さんが撮りためた写真を見ながらスローな自転車の愉しみ方や、日常の足としての自転車とは違った自転車の使い方・魅力をお話ししていただきました。
みなさん、自転車を使ったスローな旅にとても興味をもったようでした。
いやぁ〜自転車一つからでも世界が変わりますねぇ・・

次回はパンク修理の仕方、変速機の調整法など、自転車のセルフメンテナンスを学んで行く予定です。
posted by スローライフ掛川 at 2006/05/18 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

サイクリングの詳細

サイクリング
ふだん見慣れた風景が、自転車に乗るだけで変わる。里山の風景、静かな裏道、懐かしい界隈。掛川の魅力ある道を走りながら、スロースタイルサイクリングの基礎を学びます。「ちょっとその角を曲がってみよう」「その丘を越えてみよう」から、どんな出会いが待っているのでしょう。
サイクリングの基礎を習得し、自分だけの風景探しの旅に出かけて下さい――。

    
第1回 『 エコパ園内道路を走ろう! 』  (体験講座)日時 平成18年4月23日(日) 8:00〜11:00
内容 乗車時のポジショニング、簡単な始業点検、乗り方、走り方の基本の乗り方を学びます。
「自転車なんて簡単に乗れるよ」が大きな間違いだったと再発見!
    ※第1回は体験講座(無料)となるため、受講後、本受講を決めて頂いてもけっこうです。

第2回 『 メンテナンス講習 』
日時 平成18年5月28日(日) 8:00〜11:00
内容 葛川沿い経由で、学習センターまで走ります。パンクの対処法や修理の仕方、変速機の調整法を学びます。

第3回 『 地図を見ながら、海に行こう! 』日時 平成18年6月25日(日)  8:00〜12:00
内容 サイクリング(平坦コース)  集団走行、イーブンペースの走り方を学びます。

第4回 『 ならここの里に行こう! 』日時 平成18年9月24日(日)  8:00〜12:00
内容 サイクリング(山岳コース)  変速ギャーの使い方、下りのコーナーリング。登り坂の向こうには、下り坂がある!

第5回 『 輪行サイクリング 電車を利用して遠出をしよう! 』
日時 平成18年10月29日(日) 8:00〜16:00
内容 輪行サイクリング  輪行バッグへの自転車の入れ方 
    東海道線の掛川〜金谷間を電車。金谷駅から自転車で、旧東海道を日坂経由で帰ります。
    秋の風景と歴史街道を楽しみながら、約50qのコースを走ります。

第6回 『 フェスティバルに自転車で参加 』
日時 平成18年11月26日(日)   8:00出発
内容 掛川市役所から、フェスティバル会場までサイクリング。意外と山あり谷あり!
受講生、講師陣、運営スタッフ、事務局が一同に会し、交流します。
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/25 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

サイクリング

里山の風景、静かな裏道、懐かしい界隈。掛川の魅力ある道を走りながら、サイクリングの基礎を学ぶ講座です。ポジショニング、メンテナンス、電車を利用した(輪行)サイクリングなど、自転車を愉しむための講座が盛りだくさんです。

・開催月と回数 4月〜11月(全6回)
・開催予定日 4/23、5/28、6/25、9/24、10/29、11/26
・定員(最小催行人員) 30名(12名)
・NPO会員受講料 40,000円  NPO非会員受講料43,000円
・備考  パンク修理キット、輪行バッグ、チューブ等備品
傷害保険、フェスティバル参加費込み
・集合解散会場は掛川市役所を予定
・講師
  白鳥和也(しらとり かずや)氏
   自転車文学研究室主宰(静岡市在住)
  山崎清一(やまざき せいいち)氏
   サイクルランドちゃりんこ、県サイクリング協会理事
  (掛川市在住)
・特別講師
  宮内忍(みやうち しのぶ)氏
   元サイクルスポーツ誌編集長(東京都在住)
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/17 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>サイクリング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。