10/15「茶と器学」第5回茶会の様子

「茶と器学」フィナーレとしての茶会

「わあ、すごい」
「どれどれ見せて」
「あなたの茶器カッコいい」
「これはいい色してるね」

????DSC00005.JPG

こんな声が10月15日二の丸茶室に響く。陶器学、茶学を学び、茶器づくり、お茶摘み、釜入り茶を体験、そしてフィナーレとしてのお茶会が開かれた。正式なお茶会ではなく、自分の作ったオリジナルの茶器を使って、釜炒り茶をじっくり味わう贅沢な時間である。

締めくくりの講師として小泊さん、ゲストとしてこの講座に関わっていただいた陶芸家の竹廣ご夫妻、茶業家の大塚さん、そしてこのお茶会のために特別なお菓子を持参しかけつけてくれた菓子職人の伊藤さん(梅廼家)、豪華な顔ぶれとなった。

封印されたままの茶器と釜炒り茶がこの時間に初公開された、さぞかし心待ちしていたことだろう。講座の感想をちょっぴり紹介、浜松からわざわざ受講していただいたSさんはカレッジ「茶と器学」を知り、早速事務局に電話したら「この講座は売れっ子なので、早く申し込みをしてくださいね」と言われて参加したのだが、期待以上のものでしたと。
ご主人がサイクリング講座に参加されているSさんは夫婦で参加していれば夫婦茶碗で楽しむ時間もできたのに残念でしたと。
いろいろな声があったが、みなさん一様に、この想い出の茶器を大切に、今までなんとなく飲んでいたお茶をもっともっと意識して日々楽しく過ごすようにしたいという声が圧倒的だった。

名残欲しい雰囲気だったが中国の釜炒り茶を味わっての幕とした。灯りの灯った茶室の光景を外から眺めていたら、自分が今ここにいないのが残念に思うほど羨ましかったとの通行人の声を聞き、スタッフとしても胸を撫で下ろした。明日からの生活が少しでも変わり、楽しい日々になることを期待したい。
posted by スローライフ掛川 at 2006/10/23 19:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

第5回 茶と器学のご案内

「茶と器学」第5回講座のご案内

自らの手で「茶器」をつくり、お茶を摘み、製茶し、掛川流スローな茶学を学ぶ。ライフスタイルの中に本物を取り入れた美しい毎日の創造を、陶芸家、茶学の専門家とともに体験する講座「茶と器学」。講座は、いよいよお茶会です。

第5回 『茶会』

■日時 平成18年10月15日(日) 18:00〜20:30
    ※17:30までに集合して下さい。

■会場 二の丸茶室
    掛川市掛川1138-24 (掛川城のすぐ東側)
    TEL 0537-23-1199
    ※駐車場は、竹の丸駐車場(無料)をご利用下さい。
■講師   小泊重洋氏(茶学専門家)
■ゲスト 竹廣泰介氏(陶芸家)
     大塚博史氏(茶業家)
     その他、スタッフ、学遊友メンバー 
■持ち物 ふきん、袋(湯のみ持ち帰り用)

※欠席される方は、事前に連絡事務所までご連絡下さい。
     
posted by スローライフ掛川 at 2006/10/13 09:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

第4回茶と器学の様子

『お茶摘み(秋摘み新茶)と釜炒り茶体験』

9月24日(日)、茶と器学の4回目は、『お茶摘み(秋摘み新茶)と釜炒り茶体験』でした。

掛川には茶畑がこんなにも有るのに、茶摘み経験の無い人がとっても多いんですよね。
掛川の主要産業なのに、どこか専門すぎて・・・。
それを今回は、自分で摘んで、揉んで、淹れて、飲む。もっとも、淹れて飲むお楽しみは次回ですが、手間暇かけて自分でお茶を支度する講座でした。

2006_0924924??????????????24.JPG924??????????????09.JPG

『摘む』
日坂御林(おはやし)、粟ヶ岳が見渡せる広大で静かな場所に大塚博史さんの茶園はあります。
午前10時、参加者とスタッフ14名は、“一芯二葉”の摘み方を大塚さんご夫婦にレクチャーを受けてお茶摘み開始。
1人約200g・およそ一時間の予定です。
初めて触れる新芽のみるさ(みるいは、お茶の葉が若くて軟らかい状態の方言です)に感激しながら、一芯二葉を見極めて、プチップチッと大切に摘んでいきます。
お茶摘みの楽しさはもう一つ、作業中の会話が、どこかのんびりと優しくなれます。

2006_0924924??????????????23.JPG2006_0924924??????????????21.JPG

目標の1,750gを摘み終えて、昼食です。
大塚さんのお宅に上がらせて頂き、美味しい冷茶でまずは一服。
生姜の佃煮をご馳走になりながら、各自持参したお弁当で腹ごしらえ。
食事が終わって気が付けば、まだ12時前…
身体を使って働く(チョットなのに)と、お腹も空いてごはんも美味しいね。

2006_0924924??????????????26.JPG2006_0924924??????????????29.JPG

『炒る』
摘んだ茶葉を、千羽の茶業研修センターへ持ち込んで次は釜炒り茶を作ってみます。
講師は小泊重洋さん。参加者も3人加わり17名に。
二人一組になって、ホットプレート1台を使い新鮮な茶葉を炒っていきます。
ここでアクシデント発生…小パニック…
ホットプレートに繋いだ電源が、ウイルスに犯されるようにコンセントごと、どんどん不能になっていくんです…。
混乱する事約40分…、施設内のありとあらゆるコンセントを使いなんとか機能回復。
炒る・揉む・を繰り返して美味しそうな釜炒り茶になりました。
手順がわかればコッチノモノ。手分けをして、摘んだ茶葉の全てを釜炒りにしました。

2006_0924924??????????????30.JPG2006_0924924??????????????32.JPG

丹精こめて作った自分のお茶は、記名したパックに入れて真空にします。
次回、10月15日 二の丸茶室でのお茶会までには
味がのってくる事を期待して終了解散でした。

お茶摘、釜炒り、電気が来ない…
初めての体験づくしも 仲間と居れば何だか大丈夫な一日でした。
posted by スローライフ掛川 at 2006/09/26 00:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

第4回 茶と器学のご案内

「茶と器学」第4回講座のご案内

自らの手で「茶器」をつくり、お茶を摘み、製茶し、掛川流スローな茶学を学ぶ。ライフスタイルの中に本物を取り入れた美しい毎日の創造を、陶芸家、茶学の専門家とともに体験する講座「茶と器学」。
第4回講座はお茶摘みと釜炒り茶体験です。

第4回 『お茶摘み(秋摘み新茶)と釜炒り茶体験』

日時/平成18年9月24日(日)
@10:00〜12:00 お茶摘み
  会場 大塚茶園(日坂御林)
  講師 大塚博史氏
A13:00〜16:00 釜炒り茶体験
  会場 掛川市農協茶業研修センター(千羽609-1)
  講師 小泊重洋氏

■集合 9時20分までに農協茶業研修センターに集合して下さい。
    (大塚茶園にはスタッフの車に同乗します)
     ※掛川バイパス千羽インターを下りて北へ。
      エコポリス入り口を右折してすぐ。

http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E138.3.4.790N34.47.12.650

■服装  汚れてもいい服装で参加して下さい。     
■持ち物 エプロン、スリッパ、手こう、
     軍手(綿製、釜炒り茶用)、
     昼食と飲み物、雨具(雨天時、傘など)
■雨天時 お茶摘みは内容を変更して行います。

posted by スローライフ掛川 at 2006/09/12 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

第3回「茶と器学」は茶器の削り作業でした

060709_0933~0001.jpg

茶と器学講座の第3回は7/9(日)、前回の成型作業を受けて、午前の部、午後の部と受講者の編成が少し変わりましたが、2班に分けて竹廣工房で行われました。
前回成型した器を先生から手渡され、再度手にした皆さんの表情は、自分しか知らないオリジナルの、素晴らしい世界に飛び込んだ幸せの瞬間に見えました。
上部、下部と器に語りかけながら、丹念に削っていく。どんなことを考え、感じ、期待して時を刻んでいったのでしょうか?
作業の節々で、竹廣先生曰く、
「いつ、どこで、何のために、どうありたいかを考え、手間ひまかける。その造る過程を楽しんでほしい。特に茶器は日常使えるように、使いやすく、質素なものがいい。陶器づくりは土遊び、水遊び、火遊びだ! 茶器も使わなくてはアホみたいに口をあけている何の価値もないものだ」

060709_0933~0002.jpg060709_1347~0001.jpg

今回は竹廣先生が用意してくれた材料や小道具を使っての陶器づくりとなりましたが、土選びなど自然との関わりからはじまるのだ! と考えると、座学で「陶器とは」を短時間で語って欲しいとお願いしたことの浅学さが恥ずかしいと思いました。

昨夜フォーラムで講師を務めていただいた鉄矢先生も、あいにくの大雨にもかかわらず、急遽特別ゲストとして参加していただきました。

060709_1004~0001.jpg

知恵を行動にということなのでしょうか、建築家らしく、一歩一歩丹念に、何も語らず、慎重に形づくっていく手さばきは印象的でした。
心に何をデザインし、どんな工夫をしたのだろうか?
教える建築家と、教わる建築家の陶芸にかける思いは、一致したのでしょうか?
器が使われる瞬間に、そのタネがあかされるのだと感じました。

今回の茶器の出来ばえは、陰に陽に知恵と技をそっと教えていただいた竹廣先生の奥さんのご好意も忘れてはならないことでしょう。

次回はいよいよ、秋摘み新茶体験(大塚茶園・日坂御林)とその茶葉を使った釜炒り茶体験(掛川市農協茶業研修センター・千羽)が行われます。
お楽しみに!!

posted by スローライフ掛川 at 2006/07/12 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

茶と器学 第2回 陶器の造形をしました!

茶と器学講座第2回は、お茶をいただく器づくりです。
7月1日(日)午前の部と午後の部の2班に分かれて、
市内原里の竹廣工房で、陶芸家の竹廣泰介氏から直にご指導を受けました。
この日は手動のろくろを使った手びねりで、
参加者それぞれがイメージする茶器づくりに取り組みました。

060702_0925~0002.jpg

「器創りの基本は○○○○を○○○○すること、これに尽きます」
という竹廣先生による極意の伝授のおかげで、
(○の中に入る言葉は、受講生だけが教えてもらえたヒ・ミ・ツです。)、
皆さん、とても初体験とは思えない器を造形しました。

060702_1025~0001.jpg


このあと1週間おいて、来週の日曜日には「削り」を行います。



posted by スローライフ掛川 at 2006/07/03 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

第2回3回茶と器学のご案内

「茶と器学」第2回第3回講座のご案内

自らの手で「茶器」をつくり、お茶を摘み、製茶し、掛川流スローな茶学を学ぶ。ライフスタイルの中に本物を取り入れた美しい毎日の創造を、陶芸家、茶学の専門家とともに体験する講座「茶と器学」。
第2回第3回の講座のご案内です。

第2回 『茶器づくり−@成型』

※茶器づくりは、午前の部・午後の部に分けて受講します。

日時 平成18年7月2日(日)
  午前の部  9:30〜12:00
  午後の部  13:30〜16:00
会場 竹廣工房 掛川市原里1914
(TEL 0537-26-2219) 
講師 竹廣泰介氏

第3回 『茶器づくり−A削り』

日時 平成18年7月9日(日)
 午前の部  9:30〜12:00
 午後の部 13:30〜16:00
会場 竹廣工房 掛川市原里1914
講師 竹廣泰介氏
                                  

【第2回・第3回の集合時間・集合場】                        
集合場所  生涯学習センター駐車場 (掛川市御所原)
集合時間  午前の部   8:50
      午後の部  12:50
   ※時間厳守でお願いします。

持ち物   スリッパ、前かけ、タオル
      汚れてもいい服装でお願いします。

posted by スローライフ掛川 at 2006/06/29 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

茶と器学 開講しました

6月25日(日)午後1時、市立中央図書館で、茶と器学が開講しました。
この日は座学で、茶学を茶業研究家の小泊重洋氏から、
器学を陶芸家の竹廣泰介氏から、概論として学びました。
この講座の参加者は、19人。20歳代から○○歳代までと、
幅広い年齢層の受講生です。

ところで、知ってました?
お茶には、色(製法)で分けて6種類があるということ。
中国はウーロン茶のイメージがありましたが、
本当は、圧倒的に緑茶(ただし釜炒り茶)が飲まれていること。
インドがお茶生産大国であるということ。
・・・・・
掛川人でありながら、お茶のこと、案外知らないんですよね。
お恥ずかしい。
とてもとても時間の足りない、茶学でした。

そして器学。
茶碗だけでもすごくたくさんの形状があって、ふーん、へー、知らなかった。
日本は、縄文式土器の時代は世界に先駆け1の技術でしたが、
弥生式土器以後停滞し、またまた中国や朝鮮半島などからの技術伝播で巻き返し、
桃山時代の陶器はまた最高だったとのことです。


いやぁ、深い、深いよ。
ちょっと覗いただけだけど、深くて底が見えないよ、
ってな感じの半日でした。


060625DSC01683.jpg
(押し寄せる受講生のパワーが講師圧倒!?)


講師のお二人はとても気さくで、
アットホームな講座になりそうです。


第2回は、お茶をいただく器づくりです。















posted by スローライフ掛川 at 2006/06/26 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

第1回茶と器学のご案内

自らの手で「茶器」をつくり、お茶を摘み、製茶し、掛川流スローな茶学を学ぶ。ライフスタイルの中に本物を取り入れた美しい毎日の創造を、陶芸家、茶学の専門家とともに体験する講座「茶と器学」。
第1回講座を下記の通り開催しますので、ご案内いたします。

第1回 『陶器学と茶学』

■日時/平成18年6月25日(日) 受付12:30〜13:00
@13:00〜14:00 陶器学  講師 竹廣泰介氏
 土、火、水、に魂を打ち込む生活から会得した生活観を学びます。
A14:00〜15:00 茶学   講師 小泊重洋氏
 世界の茶・日本の茶の幅広い研究から、生活と茶の関わりを学びます。

■会場/掛川市立中央図書館 会議室A (TEL 0537-24-5921)
※図書館の駐車場は利用できません。
       竹の丸・竹の丸西側または有料駐車場をご利用下さい。
posted by スローライフ掛川 at 2006/06/20 14:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | アクティビティプログラム>茶と器学

茶と器学の詳細

茶と器学

自らの手で「茶器」をつくり、お茶を摘み、製茶し、掛川流スローな茶学を学ぶ。ライフスタイルの中に本物を取り入れた美しい毎日の創造を、陶芸家、茶学の専門家とともに体験する講座です。

第1回 『陶器学と茶学』
日時 平成18年6月25日(日)
会場 掛川市立中央図書館
@13:00〜14:00 陶器学  講師 竹廣泰介氏  土、火、水、に魂を打ち込む生活から会得した生活観を学びます。
A14:00〜15:00 茶学    講師 小泊重洋氏  世界の茶・日本の茶の幅広い研究から、生活と茶との関わりを学びます。

第2回 『茶器づくり−@成型』
※茶器づくりは、午前の部・午後の部に分け、各10人ずつの受講となります。
日時 平成18年7月2日(日)  午前の部  9:30〜12:00  午後の部 13:30〜16:00
会場 竹廣工房 掛川市原里1914   講師 竹廣泰介氏

第3回 『茶器づくり−A削り』
日時 平成18年7月9日(日) 午前の部  9:30〜12:00  午後の部 13:30〜16:00
会場 竹廣工房 掛川市原里1914   講師 竹廣泰介氏

第4回 『お茶摘み(秋摘み新茶)と釜炒り茶体験』
日時 平成18年9月24日(日) (雨天のとき別途検討)
@10:00〜12:00 お茶摘み
 会場 大塚茶園(日坂御林)
 講師 大塚博史氏
A13:00〜16:00  釜炒り茶体験
 会場 掛川市農協茶業研修センター(千羽)
 講師 小泊重洋氏

第5回 『茶会』
日時 平成18年10月15日(日)  13:00〜16:00
会場 未定
講師 小泊重洋氏
○自分で手摘みし、釜炒り茶に製茶したお茶と、熊本・中国・韓国の釜炒り茶を飲み比べます。美味しいお茶の入れ方などお茶談義を楽しみながら、心豊かなひと時を過ごします。

第6回 『フェスティバル』日時 平成18年11月26日(日) 
会場 キウイフルーツカントリーJapan
○受講生、講師陣、運営スタッフ、事務局が一同に会し、交流します。
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/25 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

茶と器学

自らの手で「茶器」をつくり、お茶を摘み、掛川流スローな茶学を学ぶ。ライフスタイルの中に本物を取り入れた美しい毎日の創造を、陶芸家、茶学の専門家とともに体感する講座です。

・開催月と回数 6月〜11月(全6回)
・開催予定日 6/25、7/2、7/9、9/24、10/15、11/26
・定員(最小催行人員) 20名(12名) 
・NPO会員受講料36,000円  NPO非会員受講料39,000円
・備考  各回により開始・終了時間が異なります。
     茶学1回・陶芸2回・茶摘みと釜炒り1回・茶会1回
フェスティバル参加費込み
・講師
  竹廣泰介(たけひろ たいすけ)氏
   掛川市の古民家に工房を持つ陶芸家。
   個展/東京松屋銀座・青山酉福・鎌倉円覚寺・京都桃青
      大阪堂島・広島そごう 等多数 (掛川市在住)
  小泊重洋(こどまり しげひろ)氏
   元お茶の郷博物館館長・日本茶インストラクター協会理事
   茶学の会主宰(掛川市在住)
  大塚博史(おおつか ひろし)氏
   茶業家(掛川市在住)
posted by スローライフ掛川 at 2006/04/17 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>茶と器学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。